このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

ノート:考察投稿抜粋/紗音嘉音同一人物説考察:戦人は紗音と嘉音を二人同時に目撃していない

考察投稿抜粋/紗音嘉音同一人物説考察:戦人は紗音と嘉音を二人同時に目撃していない

[編集]物語の上での疑問点と考察

[編集]1

嘉音と紗音が同一人物だとすれば、それを蔵臼一家および使用人たちは全員知っていたはず。使用人が一人多く存在する、と嘘をつくには理由が必要。

 

嘉音と紗音のトリックは、金蔵が一族をスパイする目的で指示したと考えれば、蔵臼一家が知っていなくても構わない。使用人たちは仲間なのだから、知っていても構わないだろう。そもそもミステリでトリックを使うために作られた設定など、ご都合主義の産物である。魅音に双子の妹がいる理由は? と聞かれれば、それは双子トリックがやりたかったから、としか言いようがないのである。

 

そうはいかない。読者は動機と手段を明確に推理する必要があり、作者も動機など考えていないと言う推理は許されない。明確に推理するからこそ、作者が動機を提示できなかった時に批判する立場が許されるのだ。双子は自然に生まれるが、架空の使用人は人為的な動機がなければ生まれない。金蔵が架空の使用人を生み出したのならば、金蔵が既に死んでいるにもかかわらず架空の使用人が存在する理由が必要。

 

理由はいくらでも考えられる。朱志香に擬似的な恋愛相手をくっつけることで何処かの馬の骨に取られないようにするため。嘉音と紗音で二人分の給料が欲しかったから。紗音が金蔵の魔術実験に付き合わされることでストレスを受けて多重人格になってしまった。などなど。まあ紗音がそうしたかったから、で良いのでは。紗音もああ見えて鏡を割るときとか結構電波だったし、何をやろうと思いついてもおかしくはない。ひぐらしで梨花も、鷹野が自分を殺そうとする理由など考えられないと言っていた。だからといって、鷹野が偽装死体を利用して死んだふりをしていない、ということにはならないでしょう。暇潰し(EP4)までやって、名前も出てこない高野一ニ三が雛見沢症候群を研究していて、その復讐のため、と指摘できたら凄いと思いますが、指摘してもその当時なら当てずっぽうだ、で済まされるでしょう。紗音の義理の祖母が六軒島症候群を研究していて、などと書いておきますが、それが外れていないとは現時点では限らない。

 

[編集]2

蔵臼一家ではない譲治が紗音と沖縄旅行に出ている。また絵羽夫妻も前に紗音と会っている。ゆえに実在するのは紗音で嘉音が架空の人物でないと不自然。ところが、蔵臼の共犯と言うことになる朱志香は紗音に「嘉音」という彼氏の格好をさせて文化祭に呼んでいる。騙し続けることは可能か?またそうまでして騙す必要があるのか?

 

紗音嘉音同一人物説は戦人主観説と結びついているので、譲治と紗音の沖縄旅行も、絵羽夫婦が前に紗音にあったことも、嘉音が文化祭に来たことも、駒である戦人が確認した訳ではないのだから、ベアトの創作として処理してしまってよいのではないか。

 

その場合、ベアトとは何者で創作はいかなる理由で行われたか、そして逆に何故戦人の主観のみが真であるのかの説明が必要。

 

ベアトは作者で、創作はミステリをファンタジーと見せかけるため。戦人の主観のみが真であるのは、戦人に魔法抵抗力が強いという設定があるから。この設定はベアトと真里亞がいっしょになって考えました。

 

文化祭の件は、彼氏を友達に自慢したい朱志香が、紗音に「嘉音」という架空の男性使用人の格好をさせて学校に来させた、で説明可能。

 

[編集]二人の死体や赤字の死亡宣言についての考察

[編集]1

嘉音の死体は全EP共通で戦人に発見されていない。(戦人が探偵役という前提条件)

 

紗音と嘉音が同一人物であれば、死体も一つしかないのは当然。逆に二つの死体が戦人に発見されれば同一人物説は破綻するだろう。

 

[編集]2

同一人物ならばEP2の嘉音はこの部屋(朱志香の部屋)で殺されたという赤字が紗音にも適用される。

 

紗音の死体は朱志香の部屋と同じ2階の夏妃の部屋にあったのを戦人が確認している。朱志香の部屋で紗音を殺し、遺体を夏妃の部屋に移動させたと考えられる。どうして犯人がそんな事をしたのかは不明

 

「嘉音」は以前実在しており、この部屋で殺されていたとも考えられる。
成り代わりの動機も「彼の死を隠蔽するため」で筋は通る。

 

[編集]3

EP3の金蔵、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢の六人は死亡している!という赤字で紗音と嘉音を別々に数えてる時点で同一人物説のメリット「島の人数が16人になり1人分の席が空く」が使えなくなる。

 

先ほどの嘉音は昔に死亡説を利用すると抜けられる。
(本物の)嘉音は死んでいるし嘉音を名乗る人物は紗音であるため。

 

[編集]Ep5での考察

[編集]1

Ep5にて、探偵役のヱリカによって紗音と嘉音が同時に観測されたことと
ノックス十戒の第10条「手がかりなきほかの人物への変装を禁ず。」?に抵触することから
説の成立する可能性が低まった。

 

下位世界のヱリカに、紗音と嘉音が同時に観測されたと示されたことはない。よって、観測されたという指摘は誤りである。下位ヱリカがその主観において、紗音と嘉音を同時に観測しているシーンはどこなのか。三人称視点は虚偽の描写、ヱリカ以外の人物の視点による描写もまた意図的な虚偽と取れるが。今回の戦人は探偵ではないと裏お茶会で赤字で宣言されており、戦人の観測に虚偽が混じることはあり、EP1からEP4までの戦人とは役割が違う。また上位ヱリカも上位戦人と同じで嘉音ブレードのように幻想をみせられる可能性があるのだが。即ち、下位探偵役のヱリカによって紗音と嘉音が同時に観測された、などと言い出すのはまだ早い。ヱリカの主観による描写が極端に少ない今回のゲームで何かを断定しようとするのが非常に危険であることは、裏お茶会の戦人による反撃で示されている。

 

[編集]2

『つまり、今、この客間にいる人数が、在島者全ての人数、ってことになるわね。(赤字)』というラムダデルタのあいまいな言い方に疑義を抱くことは可能である。なぜ人数にだけ限定して話をすすめているのか。そもそも客間に実際に何人いるのかすらわからない。ましてや客間に実際に誰がいるのかすら、その場面でのヱリカ視点がないのだからわからない。今まで戦人の主観で紗音と嘉音を同時に確認されることはなかったにも関わらず、戦人が探偵役ではなくなったEP5において、急に戦人の主観で紗音と嘉音の両方を認識することができるようになった、ということに対して、逆に疑義を抱くことも十分に可能であろう。

 

[編集]3

そもそも『二人同時に探偵の主観にあらわれないこと自体が手がかりである』ということすら可能だろう。「戦人が探偵でないという手掛かりはあったのか?」に対して、「金蔵を目撃したこと」という手掛かりで突破できるのだから、「EP1で何度も戦人のまえに二人があらわれるのに、二人同時にあらわれたことがない」ということが手掛かりとして採用される可能性も十分にある。

 

戦人は最近「ひぐらしのなく頃に」を読んだことがあることがEP1で明言されており、これを手掛かりとして採用することも可能である。EP3ではベルンが「『ひぐらしのなく頃に』ってゲームの犯人の名前を教えてあげる」と言い出し、EP5に至ってはラムダが「六軒島症候群、山狗の薬プルプルピコプヨ」と言い出したのだから、戦人、ベルン、ラムダの三人の中で「ひぐらし」に対する知識はもはや共通見解であると宣言されている。よって「ひぐらし」が手掛かりである、と主張したところで、「ひぐらし? 何それ、知らないわよ! どんな内容なの!」という反論は魔女側には不可能となっている。紗音と嘉音というひぐらしに出てくる魅音と詩音に酷似した名前の人物なのだから、それをもとに一人二役トリックがあったことに思考がいたることもあるだろう。今回、戦人が「EP1ですでにこの物語が神視点ではなく私見が混じる可能性があると示されていたんだ」などと言っているが、それはすなわち24時までの話ではなく、そのあとのボトルメールの由来のスタッフロール部分まで見たということ。そこにははっきりとこ『これをあなたが読んだなら、そのとき私は死んでいるでしょう(以下省略)』とあった。これは4行まるまる一字一句違わず、ひぐらしのなく頃に鬼隠し編、前原圭一の遺書と同じ。つまり『ひぐらし』がヒントであるとベアトリーチェは戦人にEP1できちんと伝えていたのかもしれない。

 

[編集]4

EP5で親族会議がはじまる前に、嘉音が紗音に「休みなよ」などと勧めていることも、当日島には一人しか来ていない手掛かりと取れる。

 

[編集]5

「紗音にしか秋を好きだと語ったことはない」という赤字があるが、親族会議中の内容について一言も紗音に対する赤字が使われていないのも今回、不自然といえば不自然かもしれない。

 

[編集]6

 

「愛がなければ見えない」と作中で何度も連呼されたプレイヤーは、条件反射的に「愛のある描写」について肯定的になっている可能性がある。だが、それこそがうみねこのトリックである可能性もある。両方の立場に立って考えることは大事だ。夏妃が一人でお茶を飲んでいるだけということを見抜くように、「愛のある視点」と同時に「愛を排除した視点」を持つことで、幻想描写で修飾されていない真実を見つめることが出来る。愛がないからこそ見えるものもある。

[編集]二人の体型の相違

「考察投稿抜粋/嘉音と紗音が同じ顔」へのコメントがこちらの説でも有効と思われるので、転載しておきます。

 > 仮にシャノン=カノン
 > だとしても、シャノンの大きいおっぱいを偽造するのは難しくない?シャノンはバトラにおっぱいを触られそうになったじゃん?つまりシャノンのおっぱいは本物
 > 仮にカノンがおっぱいを偽造してシャノンになったとしたらバトラに触られそうになった状況ってカノンにとっては超絶ピンチじゃん?逆もまた然り、どんなにキツくおっぱいを圧迫して小さく見せようとしても流石に平らにするのは難しいかと。
 > だからシャノン=カノンは有り得ないんじゃないかな -- 2009-11-24 (火) 23:17:54

[編集]その他

  • 同一人物説は二重人格説と別物と考えても良いか?
  • 変装しているとすると、どちらがどちらに変装しているか?
  • ベルンの目にはどう映っているのか?
  • 考察ページ側かノート側かにコメント欄を設けるべきか?
    • 考察ページもノート欄にもコメント欄が書き込んでもエラーになる。
  • EP1ラストのお茶会(上位世界)で戦人が嘉音と紗音を同時に見てるのはどう説明するか?

[編集]考察ページへの指摘

※考察の流れの大勢に影響はないが指摘しておきます

  • EP2=一瞬だが六軒島到着直後に薔薇庭園で嘉音と戦人に接点がある。
    (戦人が嘉音を認識してないかもしれないぐらいに微妙だが)
  • EP3=浜辺での朱志香との会話中に薔薇庭園で嘉音と戦人が出会っているらしいセリフがある。
  • EP5=エリカが秀吉の死体確認時に紗音と嘉音が同時に登場している。
    熊沢「きっとベアトリーチェさまの仕業ですうお…、…おぉぉぉ…。」
    紗音「…べ、ベアトリーチェさまのはずがありません…。…碑文は解かれ、すでに儀式の意味は失われたはず…。」
    嘉音「わかるものか…。こんなの魔女にしか不可能だ…!」
    エリカ「…魔女にしか不可能、…ですか。グッド!いい響きです。」