このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

el Dorado頒布小冊子

追加TIPS

2010年5月2日に開催された、うみねこのなく頃に 右代宮家中心オンリー同人誌即売会「el Dorado-エル・ドラード-」で頒布された小冊子の抜粋です。
改行・誤字・頁など原文なるべくそのままにしました。


うみねこのなく頃に
朱志香の母の日プレゼント


さく・え
 07th Expansion


「僕たちは寛大だからね!」
「召喚の魔法陣が多少、違ってたって、そんなのは気にしないわ!」

「「だって、愛の力は偉大だもの!」」

「う、うわ…。本当に召喚できたぜ…。祖父さまの魔導書って、ホンモノだったんだ…。」

 自分で召喚しておきながら、本当にうまく行くとは思わなくて、朱志香はしばし、
呆然としてしまいました。

「母の日のプレゼントを出してほしい?」
「あぁ、母への強い愛を感じるわ! ねぇ、ゼパル! この可愛いお嬢さんの願いを叶え
てあげたいわ!」


「そうだね、フルフル! 彼女は日頃から恋愛も頑張ってるしね!」
「えぇ、そうよ。だって、使用人との禁じられた恋の成就だもの。母の日のプレゼント
で、母親の心をキャッチしておくのだって、立派な恋の大戦略だわ!」

「い、いや別に、そんな深く考えたつもりはその……。」

 まさか、こんな賑やかな悪魔たちが現れるとは想像もしませんでした。

 朱志香は、母の日のプレゼントに悩んでいただけなのです。
 アイデアを求め、書庫の本を適当に漁っていたら、金蔵の魔導書を見つけ、面白
がって読んでるうちに、悪魔に願いを叶えてもらう方法、みたいなものを見つけ
たのです。

 おふざけ半分でやって、召喚できてしまうのだから、朱志香にも金蔵の血がしっ
かり流れているのは間違いないでしょう…。


「ねぇ、ゼパル。何か母の日に相応しい、魔法のアイテムはないかしら?」
「僕たちは恋愛専門! 親子の恋は少し専門外だけれどね。呼ばれた以上、何も授け
ないわけにはいかないね!」
「えぇ、そうよ! 嘉音くんとの恋の一番の障壁を取り除ける、素敵な魔法のアイテム
を授けるべきだわ!」

「あ、いやその、ゴメンっ、普通のでいいです。おかしな魔法のアイテムとかいらない
んで…。」

「そうはいかないね! だって僕たちは72柱の大悪魔!」
「呼ばれて、ただのカーネーションをプレゼント! ってわけにはいかないもの。」
「いやいや、ただのカーネーションでいいです、いいです…。」

話が無駄に大きくなりそうなので、せっかく大悪魔を召喚しておきながら、朱志香
はただのカーネーションでいいと悪魔たちをなだめました。


「じゃあ、大魔法じゃなくて、小魔法のカーネーションならどうかしら。」
「あぁ、そう言えば、そんな魔法のカーネーションがあったね! 確か、一日経ったら
枯れてしまうけど、その一日の間、贈った相手にご利益を与えるという!」

「あ、……それならいいかな。一日程度の魔法なら大騒ぎにはならなそうだし、別
に呪ったりとか、そういうわけじゃないんでしょ…?」

「感謝の魔法だもの。呪いとか、ネガティブな力なんてないわ。」
「ただ困ったことに、どんなご利益があるのか忘れてしまったんだ。」

「でも約束するわ。絶対に、贈られて迷惑するような魔法ではないわ。」
「贈られた母親は、一日だけ少し、魔法の加護が受けられるカーネーションさ。それ
なら、僕たちも悪魔らしい魔力ある授け物が出来て満足だし、君だって、そう怖が
らずに受け取れるアイテムだと思うけどね!」


 魔法のカーネーション……。
 何の効果かよく分からないけれど、魔法の力で、加護を与えてくれる……。

 朱志香は、そのカーネーションを夏妃に贈ることに決めました。


「母さん、これ……。母の日のプレゼントに……。」
「おや、カーネーションですか。……どこか不思議なカーネーションですね? ひょ
っとして珍しかったり、高かったりするのではありませんか?」
「い、いや、まぁその! 何か、縁起物らしくて、持ってるとその、幸運があるらしい
ぜ?」
「そうですか。ありがとう。大切にします。」

 ゼパルとフルフルの話によると、プレゼントした次の日、朝から晩まで効果を発
揮するということでした。

 どんな魔法の効果があるのやら。
 ちょっと気になりましたが、明日は月曜日。学校の日。
 帰宅したら、何かいいことがあったか聞いてみることにしました。


 翌日。新島の学校にて。





「ジェシー、おはよー! ……どしたの?」
「ううううう…。サクかぁ、おはようだぜ……。朝っぱらから頭が痛ぇんだぜ…。」
「やっだー、ジェシ、二日酔いぃ?! キャッハハハハ!」
「うううぅ、黄色い笑いが頭に響くぜ……。」
「ジェシのお母さんって頭痛持ちなんでしょ。遺伝かねぇ。お母さんに頭痛薬とか相
談してみたら?」

 ん? 朱志香はふと、今朝の朝食の時のことを思い出します。

 今朝、夏妃はとても明るい笑顔をしていたのです。

「どうしたね。夏妃。今朝はとてもご機嫌のようだ。」
「えぇ。気候が穏やかになってきたせいでしょうか。今朝は頭痛も穏やかで、とても
快適に目覚めたもので。」

 そんな両親のやりとりを見て、あぁきっと、魔法のカーネーションのご利益だな、
なんて思ったりしたのでした……。


 そうか、そういうことか……。
朱志香は、魔法のカーネーションのご利益を理解します。

 確かに、あのカーネーションは、贈った相手に加護を与えると約束はしてくれました。
 でも、“贈り元の人”に、加護や呪いがあるともないとも、言ってはいません。

 ……なるほどな。悪魔のプレゼントだもんな。タダでうまい話があるわけもないや。

 あのカーネーションの魔法は、多分、身代わりみたいなものだろう。

 母さんの頭痛が取り除かれて、私に移ってる。
 今日、母さんは頭痛から解放される代わりに、私は一日、頭痛に悩まされるというわ
けだ……。

 最初は、何て迷惑な魔法だろうと思いました。
 でも、途中で考えを改めました。

 確かに自分は頭痛で辛いですが、そのお陰で夏妃は、今日一日を快適に過ごせるの
です。

「……ま、タダでうまい話があるわけもない。この頭痛を、母さんへの親孝行だって、
今日一日がんばろう。」

 朱志香は何とか一日、がんばろうと決心しました。


「何ですってー!! ギャーギャー!!」
「何言ってんだよ! ギャーギャー!!」

「ジェ、ジェシー! 喧嘩だよー! 生徒会長なんだから仲裁して~!」

 学校では朱志香は人気者。喧嘩があると仲裁を任されることも多いです。

 でも、今日はどういうわけか、あちこちで喧嘩が多発し、その度に朱志香は呼ばれ
て大忙しです。

 ところが、朱志香はそれにも思い当たるところがありました。

 ……そう言えば母さん、言ってたな。
 使用人同士の間にいざこざがあって、よく喧嘩になって、仲裁するはめになるって。

 きっとそれも私が肩代わりしてるんだろうな…。
 きっと今日の六軒島は、使用人のみんなも穏やかで喧嘩なんかないに違いない。

 朱志香の想像は当たっていました。
 その頃、六軒島の夏妃は、今日は何のトラブルもないと、にこやかにしていました。


「だから野球部ばかりズルイって言ってんでしょー! ギャーギャー!!」
「それを言ったら、サッカー部だってどうなんだよ! ギャーギャー!!」

「だから生徒会費がギャーギャー!!」
「会計が合わなくてギャーギャー!!」

「えー、来週出てくれるって言ったじゃーん!!」
「ごめん、その日、バイトでどうしてもダメで…。」


今日に限ってトラブルのてんこ盛りです。
 対人トラブルに、お金のトラブル。さらにはシフトのトラブル。

 間違いありません。普段から夏妃が抱えてる悩みが全て、朱志香に降りかかって
いるのです。

 ここまで色々と立て続けに起こると、朱志香は、母親がどんな星の下に生まれ
たのか、気の毒に思わずにはいられませんでした。

 でも、それを肩代わりすることで、今日一日だけは、夏妃は楽に過ごせるのです。

 そんな母の日のプレゼントも、悪くないな……。
 朱志香はそう思い、母に降りかかるはずだったトラブルに、頭痛を堪えながら、
次々、挑んでいくのでした。


 六軒島、屋敷。夕食の時。
 夏妃の顔は晴れ晴れとしていました。


「ど、どう、母さん。今日一日、何か素敵なことはあった?」
「えぇ。今日はどいうわけか、とても巡り合わせの良い日で。とても静かで穏やか
な、素敵な一日でしたよ。これも朱志香がプレゼントしてくれた、幸運のカーネーシ
ョンのお陰でしょうね。本当にありがとう。」

 今日一日、朱志香は踏んだり蹴ったりでしたが、母親のその笑顔で、全ては報わ
れた気がしました。

 もうじき、24時。
 ゼパルとフルフルの、カーネーションの魔法はおしまいです。

 24時になると同時に、朱志香の頭の頭痛が、すぅっと消えました。
 カーネーションの魔法が切れたのです。

 ようやく気分がすっきりとしましたが、今頃、夏妃は、またの頭痛に悩まされてい
るはずで、ちょっぴり複雑な気分でした。

 ……母の日に限らず。
 あの魔法のカーネーションで、たまには頭痛とか色々を、肩代わりしてあげるの
が親孝行かな…。


「やぁ、朱志香! これでカーネーションの魔法はおしまいだけど、満足してもらえ
たかい?」
「夏妃は今日一日、加護の力を得られたはずだわ。」
「そうそう! カーネーションの魔法だけどね、ちゃんと説明書を調べてきたよ! 
あのカーネーションの魔法はね、」
「もう知ってるぜ。贈った私に、病気とかトラブルを身代わりにする魔法だろ? ま
ぁ、そんなうまい話があるわけないし、結果的に母さんに親孝行が出来たから、
感謝はするぜ。」

「「身代わり?」」

 ゼパルとフルフルは、きょとんとして顔を見合わせました。


「いいや、違うよ。あのカーネーションの魔法は“魔除け”なんだよ。」
「霊的な魔法的な、あらゆる干渉から一日だけ守ってくれるの。朱志香ちゃんに、ト
ラブルを移し変えるなんて効果は、ないはずなんだけど…?」
「いや、そんなことはないぜ? 母さんの頭痛は、私に移ってたし。」


 ゼパルとフルフルはもう一度顔を見合わせます。
 仮にも悪魔。授けた魔法のことで、ニンゲンに違うと言われると、ちょっとプライ
ドが傷つきます。


「ふーむ、僕たちは何だか納得が行かないね!」
「えぇ、これでは悪魔の名折れだわ。ちょっとカーネーションの魔法のこと、もっと
よく調べてみましょうよ!」
「「僕らの名にかけて、絶対に真相を解明するよ!!」」

「い、いやいいよ…。お陰で、母の日のちょっとした贈り物になったし。ありがとう、
感謝してるよ…。」

「「いいや、ダメだね!! 僕たちのプライドにかけて、絶対に調べるから!」」

 ゼパルとフルフルは、一方的にそう言って、姿を消しました。
 朱志香はやれやれと肩を竦めながら、魔法陣を消しました。


 もうあの賑やかな二人に会うことはないでしょう。

 ……来年の誕生日には、ちゃんと真心を込めて自分でプレゼントを探すことに
しましょう。
 楼座叔母さんが進めてた、頭痛によく効くハーブの紅茶なんかどうかな……。


こうして、朱志香の母の日は終わるのでした……。


 一方、ゼパルとフルフルは、どうして夏妃を加護するだけの魔法なのに、朱志
香にトラブルを押し付けるようなことになってしまったのか、頑張って調べてい
ました。

 その結果、………おかしなことがわかりました。

「右代宮夏妃は、どうやら、ずいぶん昔に、どこかの悪魔か精霊と契約をしてた
みたいだね。」
「その契約が、カーネーションの魔法で一日の間、ないことにされてたのね。」
「夏妃は頭痛持ちだそうだから、頭痛と引き換えに、何かのお願い事をしたんじ
ゃないのかな。」
「なら、それは夏妃一人の問題で、朱志香とは関係ないはずだわ。」
「……確かに! こうとなったら、夏妃のことを徹底的に調べてみよう! 一体、夏
妃はどんな精霊と、何を契約していたんだろう?!」






 皆さんは、わかりますか?

 ゼパルとフルフルと一緒に、ちょっと考えてみてから、ページをめくってみて
下さい。
































 そこにいるのは、生まれたばかりの朱志香を抱く夏妃の姿でした。
 これは、夏妃が契約をした時の光景です。





「やぁ、可愛い娘だ。きっと君に似て、美しい子に育つぞ!」
「どうでしょう。私は頭痛持ちだから、この子にもそれが受け継がれないか不安で
……。」

 蔵臼と夏妃が、赤子の朱志香をあやしながら語りかけています。

「あぁ、どうか神様。ようやく授けていただいた我が娘を、どうかお守り下さい。きっ
とこの子は頭痛持ちでしょう。いいえ、私と同じで、要領が悪かったり、すぐにトラブ
ルに巻き込まれたりする不運の星に愛されているでしょう。どうかこの子に健康
で、素敵な運命をお授け下さい。頭痛も不運も、朱志香の分も全て私が引き受け
ますから……。」

 夏妃の血にも、人ならざる高貴な者に通じるモノがあったのかもしれません。
 その夏妃の願いは、彼女も知らないうちに、……高貴な存在との契約になってい
たようでした。




 だからその日より。
 夏妃の頭痛は、二人分になったのです。




<おしまい>

うみねこのなく頃に
朱志香の母の日プレゼント
2010年5月2日 el Dorado -エル・ドラード- 頒布小冊子