このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

BBS

【1:13】 結局
1: 名前: ちびゆか:2014/06/23 21:42ID:94fSN4qS
根拠ゼロなので無価値なのです。
7: 名前: ちびゆか:2014/07/07 20:00ID:4ct0WOqG
このへんがこうだと、わざわざ説明が必要なのですか?
少しは自分で考えることをしなければ退化するだけなのですが。

あと、僕は僕なのです。なりすましをするような人間と一緒にしないでほしいです。
8: 名前: タチバナ:2014/07/07 23:59ID:0dBFKOXn
人のことを否定するのに理由もあげないのは、単なる荒らしだと思うけど。
9: 名前: 名無しさん:2014/07/08 20:19ID:c9I/4RLb
>>8
>>7みたいな奴はほっとけばいいのに。
相手にするから増長するんだよ。
10: 名前: 山羊13:2014/12/27 23:05ID:707ZZP2V
マンガで戦人が霧江の子供と言うことが1998年では周知の事実なのとエリカのEP5の推理を見て思い至った考察なんですが、筋は通ってると思うので書き込みます。分かり難かったり変な所があったら教えてください。


ざっくりまとめると

・霧江がEP3と6で語った嫉妬の魔法は戦人が思ってたことで使える。

・戦人はヤスの計画は知らず、殺人を犯してない。

・戦人は事件が起こったとき留弗夫と霧江をどさくさに紛れて殺そうとしたが絵羽に先を越された。(これが霧江の嫉妬の魔法と繋がる)

・ヤス=幾子で島から一緒に脱出して暮らしていた。戦人が記憶喪失になったのは1986年では無く自殺未遂をしたとき。

・記憶喪失は一時的なものだった。

・ひぐらしは十八と幾子が偽書を書く前に書いていたものだったが、十八が記憶喪失になったためゴールが分からなくなった。

・偽書には戦人の告白的な面もある。

・絵羽の日記は存在していて幾子たちが手に入れていた。

・ボトルメッセージにはプロット的なものが入ってて、EP1、2はヤスの書いたそのプロットを元に幾子が書き起こしたもの。(ただconfessionを見てこの説は自信が無くなってきた。て言うかワインボトル大きくないか?)

こんな感じです。詳しくは後日書き込みます。
11: 名前: 名無しさん:2015/01/14 00:04ID:f0b9l.8U
根拠ゼロで無価値な書き込みをここに書き捨てます。議論する気もないので「よろず推理処」には書き込まない。
それは、地下の爆弾なんて実在せず、六軒島爆発事故の正体は台風をトリガーとしての火山噴火だった! というものです。

聞いた話だと、低気圧=地面を押しつける気圧の力が弱まることがきっかけで地震が起こるという説があり、
また、地震によって火山の噴火が誘発されるという説もあるようです。
以上、風が吹いて桶屋がもうかるような話ですが、これを真実として話を進めてしまいます。

悪食島では周期的に噴火が発生し、経験則上、1986年の台風通過直後がちょうど噴火のタイミングに当たっていた。
ヤスの罪は金蔵や源次からその事実を聞いていたのに、右代宮の親族に知らせないようにしたことと、
ちょうどそのタイミングに合わせてフィクションの連続殺人物語を書いて、まるで噴火までの間に殺人事件が起こったかのように見せかけたこと。

未必の故意というにも可能性の殺人というにも微妙な計画が実現してしまい、罪の意識を感じて入水自殺したヤスですが、
その結果、偶然にも生還してしまった絵羽に対する不当な疑惑を誰も晴らすことができなくなってしまいましたとさ。
めでたしめでたし。
12: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:15ID:76BqWCsF
13: 名前: 名無しさん:2017/09/03 15:29ID:eaA4PDT1
誰なんだ……
Testhogeに週一とかで更新している奴……
お前は誰なんだ……
名前: E-mail:
【2:99】 よろず推理処(その2)
1: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:25ID:ed6x1LaN
このスレッドは「うみねこ」完結から
長い年月が経過したにもかかわらず
謎として議論を要することについて
真面目に考えていこうとするものです

推理する内容等は問いませんが
一つだけルールを設けさせていただきます。

仮名で構わないから
1人1つのハンドルネームを必ずつけ
発言者が誰であるか(どの発言と同じ人物であるか)を
明確にすること

これは「誰が」「どの発言」を
「誰に」しているのかが分からないことで
推理や議論の妨げになることが多いためです


ご理解とご協力をいただける方
このスレッドで
まだまだ終わらない「うみねこ」を楽しみませんか? 

参考資料 
http://keena。web。fc2。com/ 
(“。”は“ドット”に変換すること)
93: 名前: 爆人:2016/02/26 23:02ID:acilKv8h
ケーナさん >>92

>竜騎士07さんは以下のように語っていますから
>魔女の存在を信じないとどうやったって“一つの真実”なんて出せっこないわけで…

ヱリカ式になりますよねorz
しかし、ファンタジー説凄まじいですね。読めば読むほど伏線が……
安楽椅子探偵の1999年、1987年は(今更ですが)びっくりしました。
ケーナさんが最考でおっしゃる通り、どう考えてもメタ世界込みのEPの作者は竜騎士07という事に……!(1999年以降の偽書作家でも可能ですが、その伏線は見当たらない……)
いつぞやのインタビューの「大抵の人は一つの事が分かるとそこで満足してそこで止まる」という旨の発言を思い出しました。

>9巻だけは読んでおくべきだと思います(出来たら“空白の二年間”が明かされた6巻も)
さらなる情報を得るためにも、やっぱ読むべきですよねorz
ついでにインタビュー等ももう一度目を通して、時間が出来れば原作も一から読んできます
94: 名前: ケーナ:2016/03/06 09:13ID:ed6x1LaN
現行で稼動している“よろず推理処(その2)”は二代目で 
一代目はスパムスレに埋もれて消えてしまいました 
参照したい方の為にリンクを張っておきます 
(“。”は“ドット”に変換) 

よろず推理処     http://keena。web。fc2。com/yorozu1。html
よろず推理処(その2) http://keena。web。fc2。com/yorozu2。html 
よろず推理処(その3) http://keena。web。fc2。com/yorozu3。html
よろず推理処(その4) http://keena。web。fc2。com/yorozu4。html
よろず推理処別館   http://keena。web。fc2。com/yorozube。html
95: 名前: ノイ:2016/08/27 06:12ID:98cXpVx6
以下は同一人物であるというイコールであり、別人格ととらえる
ベルンカステル=ラムダデルタ=フェザリーヌ(手紙のやり取りなどから)
ベルンカステル=古戸ヱリカ=ひぐらしの古手梨花
八城幾子=フェザリーヌ=ひぐらしの羽入
ひぐらしの古手梨花=ひぐらしの羽入
ベアトリーチェ=紗音=嘉音=理御(以下「ヤス」とする)
戦人=八城十八
ヤス=八城幾子

幻想世界における魔女を人格の事ととらえました。
魔女の後見人システムは後見人側が相手の人格(魔女)を作成するのを補佐していると捉えます
例えば、エヴァが魔女となるにはベアトがあの事件のきっかけを起こさなければならない。
エンジェが魔女となるにはベルンが八城十八(戦人)と出会うためのきっかけを見つけ出してあげなければならない。
など。

また、魔女が戦人が死んだと宣言したので戦人の人格は死亡。
同じくベアトリーチェの人格も死亡。
ただし、ベアトの記憶は八城幾子に残っている。(フェザリーヌの角に記憶があり辛うじて人格を維持)

八城十八が戦人だった時の記憶を思い出そうとして間違いだらけの内容となったのがうみねこの各エピソードであり、
八城幾子は観劇の魔女として見ていただけ。
しかし、ベアトリーチェというかつての人格を生み出して(出したり消したり出来る)
戦人に思い出してもらおうとしているととれなくもない。

幻想世界で縁寿が戦人にあうのを邪魔しているのはベアトリーチェ。
現実世界で縁寿が戦人にあうのを邪魔しているのは八城幾子。
八城幾子は匿ってるだけだけど結果としては邪魔しているのかなと。
そして上記の通りベルンとして動いて二人が再開するきっかけを提供したのも八城幾子。
96: 名前: 名無しさん:2017/06/07 23:09ID:e1tUlORR
超今更だし恐らく既出だろうけど、Wikipediaの「近親相姦」というページで偶然以下の記述を発見してびっくりした

イタリアのベアトリーチェ・チェンチは、家族と謀って従者に父親であるフランチェスコ・チェンチを殺害させた。父親を殺害した理由は父娘姦に耐えかねたためだったという伝承が残っているが、父親を殺害したことで死刑判決を受け1599年9月11日に斬首刑によって処刑された。
97: 名前: 名無しさん:2017/06/22 17:30ID:2cMi1SJr
バトラ、エリカといった探偵役が、同時ではないにせよシャノンカノンを観察していて、何も異変を感じていないのおかしくないですか?
こいつ同一人物なのに別人のフリしてる、とか。
特別な変装技術があるという手がかりは示されていなかったと思うし。
うみねこ読んでからだいぶ経ったけど、探偵役がちゃんと探偵役してたのか疑問が残る作品だったと思う。
もしそうではないという意見があるなら聞きたい。
98: 名前: 名無しさん:2017/07/05 23:38ID:d7w0uxj6
さらーっと考えたけど、同感かも。
・いつかは忘れたけど、2chスレ民が画像処理ソフトで調べたら紗音と嘉音の顔が同じであると判明
・EP4ワルギリアの「紗音と嘉音は元々一組の家具ですからね。揃うと手強いこと。」とか
・嘉音と紗音が探偵役の前に同時に現れない
とかプレイヤーは気づけるようになってたり、
EP7でやっとウィルが気付いたりはするけど、
確かに下位の戦人ヱリカは何も言わないしEP6ではヱリカ敗北の原因ですらありますしね。
下位世界の探偵は探偵役であって謎を解決する者ではないという事なんですかね。
例えば、探偵役が複数いる小説ではいずれかの探偵が噛ませ役になりがちですし、探偵役が一人の小説でも、”探偵”という職業の者が噛ませ役になる場合もあるので、うみねこはそういうケースなのかなあと。

こうした場合、「探偵権限」は、「探偵権限」を持っている者がすべての真実を拾ってすべての謎を解く、という類のものではなく、ある意味赤字みたいな感じで、あくまで駒としての探偵の能力・制限を文書化したもので、これを使ってトリックを作ったり解いたりするためのもの……という理解です。
99: 名前: 名無しさん:2017/07/13 15:17ID:09WFAG8T
今更言うことでもないけど、うみねこは作中作だから。
作中でも言っているように、「ゲーム」なんだよ。つまり現実ではあり得ないようなルールがある。その代表が「紗音と嘉音は肉体は同一でも別人である」ってこと。
よく変装がバレないはずがないって主張する人がいるけど、そもそもゲーム上では別人なんだから変装してない。変装してないものを探偵が見破れるはずがない。
EP8で犯人当てゲームがあったけど、あの紫の文字なんて現実ではあり得ないよね。でも「ゲームだから」でプレイヤーは納得する。それと全く同じで、作中でゲーム盤という表現をするのはゲーム的なルールがあるっていう伏線。
名前: E-mail:
【3:12】 うみねこのなく頃に紫
1: 名前: 南條:2013/12/14 00:48ID:38Eyp1D7
コミックス1巻帯にて
“みなの予想は「コンプエース」誌上で発表するぞ”
コミックス2巻帯にて
“解答はフェア終了後に「コンプエース」公式ホームページで発表するぞ”
とベアトリーチェ様が仰っておりました。

コンプエース誌上で“面白い予想は発表する”に表現が変わり
連載終了まで結局掲載されることはありませんでした。

HP上では締切の10月30日を過ぎても音沙汰なく…
フェア終了後とは締切後ではなく商品の発送(12月末予定)の
事なのでしょうか。

果たしてベアトリーチェ様の約束は守られるのか…?
6: 名前: 南條:2014/01/26 17:59ID:e9Fxc6Qk
コンプエースにアンケートハガキで問い合わせしてみました。
反応があればよいのですが。
7: 名前: 縁寿:2014/02/24 18:50ID:40D.LYDg
問い合わせた結果、3月上旬に公開だそうです
プレゼント発送もその時期だそうです
8: 名前: 南條:2014/02/28 18:40ID:2eUwC0sA
>>7
情報ありがとうございます!
3月上旬。もうすぐですね。
9: 名前: 南條:2014/03/29 19:10ID:97B7HJyU
KADOKAWAオフィシャルサイトの復旧が待たれます。
10: 名前: 南條:2014/06/09 21:27ID:1cphDMZx
4月7日にHPは復旧して他のお知らせは更新されています。
5月8日にコンプエース編集部に電話で問い合わせしたところ
・担当者は今不在である
・確かにHPに解答が載っていない
・確認するが返事は明日以降になるかもしれない
・電話します。
というお話でした。
5月26日まで待って再度問い合わせ。別の方が出て
初めに電話したかたから連絡をいただけるという事になりましたが、
まだ連絡がありません。

これ以上藪をつついても良い事ない気がするので、
コンプエースHPをチェックするだけにします。
11: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:14ID:76BqWCsF
12: 名前: 名無しさん:2016/01/06 22:31ID:80tvLQHE
2016年1月6日現在、編集部に電話で問い合わせしたところ担当者は海外出張で今は居ないとのことでした。返事は午後6時頃にするとの回答でしたが結局は無視され回答はありませんでした。本当に舐めている奴らですね。海外出張で逃げ通す気満々なのでしょう。
名前: E-mail:
【4:1000】 よろず推理処
1: 名前: ケーナ:2013/11/01 05:11ID:9eSh9WY5
このスレッドは「うみねこ」完結から
長い年月が経過したにもかかわらず
謎として議論を要することについて
真面目に考えていこうとするものです

推理する内容等は問いませんが
一つだけルールを設けさせていただきます。

仮名で構わないから
1人1つのハンドルネームを必ずつけ
発言者が誰であるか(どの発言と同じ人物であるか)を
明確にすること

これは「誰が」「どの発言」を
「誰に」しているのかが分からないことで
推理や議論の妨げになることが多いためです


ご理解とご協力をいただける方
このスレッドで
まだまだ終わらない「うみねこ」を楽しみませんか?
994: 名前: 仔羊:2015/05/24 11:34ID:5fQDiM.Y
ケーナさん >>992

戦人の絵羽に対する誤解というのは何でしょうか?戦人も絵羽が犯人だと思っていたということですか?
あと、マンガでは幾子の手向けである戦人とベアトリーチェの脱出シーンは無しということですか?
995: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:20ID:ed6x1LaN
>>990

クックさん 

竜騎士07さん的には 
戦人は紗音との約束を憶えていたはずです 
ただ これが次の最終回で明かされるかどうかは不明ですが 
(紗音の性別も結局明かされなかったし) 

僕としては紗音に 
“戦人はきちんと約束を憶えていた”ことを 
理解して欲しかったのですが 
今月号の結末から考えるに 
それをしてしまうと 
“魔女ベアトリーチェのゲーム”が 
成立してしなくなってしまうのでしょう 

何故 ゲーム盤の戦人は約束を忘れているのか? 
何故 本当の戦人はミステリー通なのにゲーム盤の戦人はミステリーを知らないのか? 

紗音は最後まで戦人が約束を憶えていたことを知らなかったし 
ミステリーを愛し続けていたことも知らなかった 
だから“魔女ベアトリーチェ”が生み出したゲーム盤の戦人は 
約束を忘れているしミステリーも知らないのですから 
996: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:21ID:ed6x1LaN
>>993 クックさん 

>ヤス=幾子説にはヤスには現実で幸せになって欲しいって人もいるみたいですから
>それはそれでEP8の縁寿みたいにその人の真実って事でいいんじゃないですかね

僕はこれは“ネロが死なない版”の『フランダースの犬』だと思います 
しかも本当の物語を知ったうえで 
“ネロが死なない版”を受け入れるのならともかく 
本当の物語から目を背けてこういう理解をするのはどうかとも思います 

>ヤスが自殺を図ったのは恋のルーレットの結果が譲治だったから

一応これは原作で竜騎士07さんが語っていることですが 

“うーん。答えになってしまうのであまり言いたくないのだけど、「ベアトリーチェと戦人が添い遂げられてしまう」というのは「紗音と譲治、朱志香と嘉音が添い遂げられない」ということを確定させることでもあるんですよね。三組の恋がそれぞれ成就されるためには、実は誰も成就してはいけないんですよね。

ベアトリーチェは戦人が「島を出ようぜ」と連れ出してくれた時点で彼女の戦人に対する想いは、一つ成就を迎えたのですよ。魂の絆を迎えたわけですよ。

でも女性的な立場から言うと「一緒にいようね」という約束をもらえただけで彼女の魂はゴールを迎えたわけですよ。

実際に島から出ていって「添い遂げられました」という事実が確定するとベアトリーチェの中では残り二組の恋愛を否定することにつながってしまう。残り二組も幸せでいるためにはベアトという猫箱は伏せたまま、閉められたままでなければならないんですよ。でもそのまま戦人に島から連れ出されたら猫箱が開いてしまう……うーん、ここはお茶を濁したいな。

戦人が「島から出ようぜ」と船に連れ出してくれた時点で、ベアトの中ではもうゴールしているのですよ。

そこで「ベアトリーチェがどうして海に飛び込んだのか」というのがわかるかわからないかで、あのシーンに感じる印象は全く変わってきます。そういう意味ではあのシーンの意味がわからない方は、きっと『うみねこ』という物語がわからなかったと思います。

男は子孫を残す為に生きるので、女性の身体・肉体がないと困る。だけど女性にとっては肉体は魂の付属物でしかないんで、魂が結ばれれば、究極的には肉体が離れ離れになっても、お互いが結ばれたのだから良いではないか、と思っています。それはただ私が女性を神格化しすぎているのかもしれないけど、あの世界の価値観ではそうなっている。戦人にそれが理解できたかできなかったかはわからない。その結果、戦人は海に飛び込んだ。数年後、海から引き上げられたら彼は記憶を失って八城十八になった。彼の身体は戦人だったけど心は抜けていた、というあたりにいかにベアトリーチェが魂の結びつきを大事にしたか、ということが物語られているのかもしれない。彼が自身のことを戦人と認めないことが、ベアトリーチェに向けた手向けなのかもしれないですし……。”

コミックEP8の解釈とはちょっと違いましたね 

“島を出たら、あなたは私の呪われた体を知るでしょう。それが私は怖いのです” 
“あなたが私を許しても、私が私を許せはしないのです” 
“あの夢のような時間は私には過ぎた幸せでした”
997: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:22ID:ed6x1LaN
>>994 仔羊さん 

>戦人の絵羽に対する誤解というのは何でしょうか?戦人も絵羽が犯人だと思っていたということですか?

そういうことです 

>あと、マンガでは幾子の手向けである戦人とベアトリーチェの脱出シーンは無しということですか? 

僕はあれはフェザリーヌが現実世界の1986年10月6日の出来事を 
幻想修飾したものと解釈していましたが 

コミックEP8では
とんでもない奇策を用いて 
あれを現実世界の出来事として描いてきました
998: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:24ID:ed6x1LaN
998
999: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:24ID:ed6x1LaN
999
1000: 名前: ケーナ:2015/05/24 12:25ID:ed6x1LaN
1000
名前: E-mail:
【5:3】 http://www.daralbachir.com
1: 名前: www.daralbachir.com:2014/06/22 12:36ID:28AMxdJY
……と、まあこんなところだろう彼女が何をしたのか、については、藤沢数希氏がブログに連投している内容が概ね当たっているのだろう小保方晴子が200回成功したと言っているのは、このOct4 GFP発現のことだ。これ以外に、あの期間に200回以上できる実験はない。そして、この点に関してだけは、僕は彼女は正直であった、と信じている小保方晴子はOct4 GFP発現を観察して、STAP細胞ができたと思い込んだ。
2: 名前: チャッコ:2015/02/09 22:04ID:a7VIHWQB
書き込めないのですが…
3: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:16ID:76BqWCsF
名前: E-mail:
【6:1】 トライアンソロジー~三面鏡の国のアリス~
1: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:13ID:76BqWCsF
トライアンソロジー~三面鏡の国のアリス~用スレッド
名前: E-mail:
【7:1】 怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る
1: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:11ID:76BqWCsF
怪談と踊ろう、そしてあなたは階段で踊る用スレッド
名前: E-mail:
【8:1】 ローズガンズデイズ
1: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:10ID:76BqWCsF
ローズガンズデイズ用スレッド
名前: E-mail:
【9:1】 彼岸花の咲く夜に
1: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:10ID:76BqWCsF
彼岸花の咲く夜に用スレッド
名前: E-mail:
【10:1】 ひぐらしのなく頃に
1: 名前: 名無しさん:2015/05/22 21:09ID:76BqWCsF
ひぐらしのなく頃に用スレッド
名前: E-mail:
タイトル:
名前: E-mail:
内容: