このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

考察投稿抜粋/反魂とは の変更点


[[考察投稿抜粋]]

-投稿時の発売済み作品:EP1/EP2/EP3/EP4/EP5
~
*&color(orange){反魂とは}; [#k8e48946]

**本スレpart645より抜粋 [#x2083d48]
----
380 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 02:51:57 ID:5K7AKORz
ひとつ気にかかるのは 
夏妃は一人で紅茶を飲んだときパティスを食べていたかどうかだ 
人の想像ってのは自分の知りうる範囲内のことしか思い浮かばない 
たとえば集団でイメージを共有したとしても、そのイメージ自体が進化したり変化したりはしないだろ。 
もしそれが変化したとしたらそれは実体をもっていることと同じだ 

意味わかるだろうか、亡霊が新しい情報をもって、あるいは亡霊にしかしらない情報をもってその人に話しかけるなんてことは 
たとえばクソ難しい数学の証明問題なんかを夏妃がふっと解いたとかだと 
それはそのひとと会話をしたことに等しい。 

----
382 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 02:55:54 ID:5K7AKORz
逆に言えば、死とは、イメージが固定されたまま、そこから動かないことなのかもしれない 
ということは生とは、その人にとって新しく生まれ変わり、新しく語りかけるなにかでなくてはならん 

人を復活させる反魂というのは、けっして自身の妄想の延長であってはならない 
それは生きた実体を、想像ではなく、亡霊が語りかける何かをきかなくてはならない。 

----
383 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 03:11:21 ID:5K7AKORz
まあ竜騎士が、反魂ってのをどう捉えているのかはしらんけど。 
金蔵がベアトを復活させようと何十年も努力してたってのは 
その声が一番聞こえる場所を探していたということでいいのかな 

EP5で金蔵が死んだ後に、夏妃は金蔵とベアトをその部屋で目撃するけど、 
あれはカセットテープ的なものが、タイムラグをおいて届けられていたとすれば 
金蔵が死んでいるにもかかわらず、亡霊から生きた情報がどんどん届けられるという展開になる。 

----
385 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 03:21:39 ID:5K7AKORz
ということは、ベアトリーチェの正体は手紙か 
金蔵は若い頃、何か碑文に似た手紙を見つけたんだ 
その手紙をたどって貴婦人と出会って、黄金を借りたと 
その人はボトルメールかなにかに碑文を書いて流して、それを偶然台湾かどこかで金蔵がみつけて解いたと。 

金蔵はベアトに一目惚れして入れ込んだけど、何かの手違いでベアトを悲しませたんだろな。 

----
387 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 03:40:22 ID:5K7AKORz
死者が生きた実体をもって現れるとしたら、 
たとえばマイケルが新曲を発表するとか、クレヨンの作者が続編を出すとか、 
それはタイムラグ的な世界だ。 
つまり一年毎に新作をだすように、生前から計画してなければならない。 
そしてある程度の有限の時間においてのみ可能だ。 

たとえば棚にワインボトルがならんでいて、それぞれに新作が入っている 
一年ごとに大砲で海へ投下されるような仕掛けをつくっておけば 
ワインボトルの数だけの年数を生きた実体として、死後いきることができる。 

大切なのは新しい情報を届けると言うことだ。そのひとにしか知り得ない新しい情報を届ける、 
まあ、まやかし以外の何物でもないが、少なくとも残された人たちにとっては、新しくその人が生きて語りかける何かに見えるだろう

----
421 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 10:42:39 ID:36bF02Zv
>>382 

木村敏の著作にそんなのがあったね。 

----
645 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 18:31:59 ID:36bF02Zv
>>380 

> 夏妃は一人で紅茶を飲んだときパティスを食べていたかどうかだ 
> 人の想像ってのは自分の知りうる範囲内のことしか思い浮かばない 

私もそれは気になっていたのですが....こんな展開は如何でしょう? 

 1)夏妃が 
   「気分転換の為、庭で喫茶する。何か目先の変わった茶菓があれば用意せよ」 
   との旨を郷田に指示する。 
       ↓ 
 2)郷田はディンブラとパティスを準備、例のごとく薀蓄をひけらかす。 
       ↓ 
 3)郷田が去った後、夏妃は一人でベアトとの夢想に耽り、 
   ついさっき知ったばかりの情報をその夢想に織り込む。 

非常に散文的で残念な話ですが、有り得ると思われませんか? 

----
658 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2009/11/16(月) 18:44:11 ID:36bF02Zv
>>382 
> 人を復活させる反魂というのは、けっして自身の妄想の延長であってはならない 
> それは生きた実体を、想像ではなく、亡霊が語りかける何かをきかなくてはならない。 

そうですね、理解できるような気がします。 

うみねこのエピソードで言えば、さくたろうの反魂の為には、 
「当時と全く同じぬいぐるみ」 
だけでは充分でなく、 
「丁寧に裂け目が繕われた針跡と『真里亞ごめんね』とメッセージがつけられたぬいぐるみ」 
のようなものが必要だったのかもしれません。 
# マルフク寝具店で縁寿が見つけたのは、具体的には上の例と違うものでしょうが(^^ゞ 

その意味の違いがベアトには理解出来ず、縁寿には理解出来たということなのかも。 
----
[[スレッド抜粋に戻る>考察投稿抜粋]]
~
//#pcomment(below)
#pcomment(below)
~

IP:59.85.109.148 TIME:"2010-01-03 (日) 20:47:17" REFERER:"http://umineco.info/?cmd=edit&page=%E8%80%83%E5%AF%9F%E6%8A%95%E7%A8%BF%E6%8A%9C%E7%B2%8B%2F%E5%8F%8D%E9%AD%82%E3%81%A8%E3%81%AF" USER_AGENT:""