このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

Mariage Sorciere配布小冊子

追加TIPS

2010年3月22日に開催された、『うみねこのなく頃に』『ひぐらしのなく頃に』同人誌即売会「Mariage Sorciere」で配布された小冊子の抜粋です。
改行・誤字・頁など原文なるべくそのままにしました。


うみねこのなく頃に
だれのおちゃかい?

さく・え
 07th Expansion


風の便りって、知ってます…?

本当に風が運んできて、
私たちの耳元で囁いてくれるんです。

「ご機嫌如何、ベルンカステル?
素敵なお茶会を開きます。どうかご参加下さいな。」


一体、誰のお誘いでしょう。

でも、魔女を誘うというのですから、
相手もきっと、魔女に違いありません。

「……面白いじゃない。付き合ってあげるわ、
退屈を一時、忘れられるなら。」


風に導かれて。

ベルンカステルがやってきたのは、鬱蒼と茂った、暗い森。

「……こんな森の中で殺されたら。どんなに悲鳴をあげても、
誰にも聞いてもらえないわね。魔女のお茶会にぴったりの森だわ。」


森の入口には、椅子のように切り抜いた、
大きな切り株と、小さな看板がありました。

“魔女のお茶会へようこそ。
遠路からはるばるで、きっとお疲れでしょう。
どうぞ、この切り株で、一休みしていって下さい。”


ベルンカステルは、切り株の椅子を、
じろりと見てから言いました。

「……えぇ、わかってるわ。これに座ると、罠で、鎖か何かで縛られて。
上からべしゃっとチェリーパイでも降ってきて、笑いものにされるって、
趣向なのよね。」

危ない危ない。
ベルンカステルは危うく、お茶会の客人ではなく、余興にされてしまうところでした。


森の小道を進んでいきます。
すると、木苺の茂みがあり、
その前に小さなテーブルが置かれていました。
そこには、木苺のジュースが置かれていました。

“喉が渇いたでしょう。どうぞお飲み下さい。”


ベルンカステルは、ジュースのコップを、
じろりと見てから言いました。

「……えぇ、わかってるわ。どうせ、毒が入っていて、これを飲むと、
お腹を壊して、笑いものにされるという、趣向なのよね。」

危ない危ない。
ベルンカステルは、またしても罠を見抜きます。


森を進むと、行く先々で、様々な罠が、
ベルンカステルを待ち受けていました。

“どうぞ、お召しあがりください。おいしい、アケビです。”
「……ひっかかるわけないでしょ。どうせ、毒入りなのよ。」

“遊んでみませんか?蔦で編んだ、楽しいブランコです。”
「……ひっかかるわけないでしょ。どうせ、罠なのよ。わかってんだから。」


やがて、森の奥に、お菓子で出来た、家が見えてきました。

“本当にお疲れさまでした。
どうぞ、ノックして、お入り下さい。”

「……この馬鹿げた、茶会の主は誰かしら。せめて顔ぐらい拝んでやるわ。
……おっと、この家も、罠かもしれないわね。用心しなくちゃ。」

ベルンカステルは、息を殺して、
そっと、家の中の様子をうかがいました…。


家の中には、ラムダデルタと、そしてフェザリーヌが、
お茶を飲みながら、談笑していました。

「来るわよ、ベルンは。」

「あれは、猫より疑り深い性分。
罠に違いないと疑り、
途中で、引き返したに違いない。」

二人は、ベルンカステルが来るか来ないかで、
言い争っているようでした。


「ベルンは絶対来るわ。絶対の魔女として約束する。それに、
罠なんて怯えるわけがないわ。椅子とか飲み物とか、それに
おやつとか。森のお茶会を楽しんでもらえるように、たくさんの
趣向で御持て成ししてるんだもの。きっとベルンも、楽しみな
がら、ここまでやって来るはずよ。」

「はてさて、どうかな…?私は、あれが巫女だった頃からよく知
っている。そなたが思っているより、あれははるかに不器用で
愚鈍で、そして怯えやすい。……そなたの趣向を解せるほ
ど、あれの心は広くない。」

「それはあんたのとこに居た時の話でしょう…?今は違うの
よ。あの子はね、私と一緒に遊ぶようになってから、すっかり明
るくなったの。昔のあの子とは違うのよ。」


「どうかな?いくら餌を与えようとも、野良猫は決して懐かぬ。
この茶会は、私とそなたの二人きりのものになるであろう。」

「来るわよ…!
絶対にベルンは来るわ!
絶対の魔女が約束する!」

「来ぬ来ぬ。あれは決して来ることはない。
観劇の魔女が約束しよう。
くすくすくすくすくすくす…!」

「来るわよ!あの子は、私と遊ぶようになってから、変わったの…!!」


ベルンは、足早に森の小道を引き返していました。
罠に気付き、踵を返したから…?
少し様子が違うようでした。

「……アウアウローラに、絶対来ないと言われたら。……意地でも行っ
てやろうって思うわ。あんにゃろォの思い通りになるのだけは、絶対にご
めんよ。………えぇ、それだけが理由よ。ラムダのあんぽんたんに義理立
てしてるつもりは、さらさらないんだから。」

ベルンはそう呟きながら、
でも、どんどん道を引き返して行きます。
お茶会に参加するつもりなのに、
どうしてどんどん、帰ってしまうの…?


そこは、森の入口でした。
切り株の椅子と小さな看板。

“魔女のお茶会へようこそ。
遠路からはるばるで、きっとお疲れでしょう。
どうぞ、この切り株で、一休みしていって下さい。”

「……えぇ、まったくもって、歩き続けで疲れたわ。
ぜひそうさせてもらうわよ。」

ベルンは、切り株の椅子に腰掛けます。
ずいぶんと遠回りしてしまいましたが。
……ようやく、ラムダデルタのお茶会に、
参加できたようです。


「あっはっはっはっは、あーっはっはっはっは!ほらねほらね?
ベルン、引っ掛かった。ぜーったい、引っ掛かると思ってたわ~☆」
「……疑り深きこと、猫の如しと思っていたそなたが、
……この程度の罠に引っ掛かるとは。
……失望、…いや、飽きさせぬな、そなたは。」
「………そうね、私は本当に変わったわ。
ラムダのせいで、だいぶ甘口になったわよ。」

ベルンカステルは切り株の椅子の上で、
太い鎖にぐるぐる巻きにされ、頭にチーズケーキが1ホール、
真っ逆さまに。帽子のように、彼女のあたまに、
べっしゃりと載っています。

この切り株に座ると、そうなるように、
罠が仕掛けられていたのです。


「楽しんでもらえた?私の余興は。」
「……まぁまぁね。これがチーズケーキじゃなくて、
梅干ジャムのパイだったら百点満点だったわよ。」
「いや、チーズケーキで似合っているぞ。そなたの髪に、実によく似合う。」
「……アウアウローラの頭には、多分、
納豆とおからのジャム瓶が似合うわよ。」

ようやくベルンカステルも到着し、
楽しい楽しい、
魔女たちのお茶会が始まったのでした。

<おしまい>