このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

考察投稿抜粋/須磨寺家の陰謀

  • 投稿時の発売済み作品:EP1/EP2/EP3

[編集]須磨寺家の陰謀

part512


803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:12:22 ID:9oY/vgKK
何度か出てる考察らしいけど……

俺、この事件で一番得をするのは誰なんだろう?って疑問に思ったんだよね。
ひぐらし同様、誰か一人必ず得をする人物がいるんじゃないかって。
そんで、各EPで絶対に生き残るという保証のある人物は誰なんだ?って考えてみたら、

一人だけ該当者がいた。

縁寿。

こいつだけがすべてのEPで生き残る保証がついている。もちろん、ゲーム盤に上がれないからだが。
じゃあ、何故縁寿がゲーム盤にいつも上がれないのか?
そこから黒幕を逆算していってみたら、こんな恐ろしい考察ができてしまった。

『うみねこのなく頃に』背景考察:須磨寺家の陰謀
http://loda.jp/when_they_cry_3/?id=1370
http://loda.jp/when_they_cry_3/?id=1370.txt (DL直リン)

一度目を通していただいて、是非とも皆さんの意見を聞きたい。


以下、そのテキストの内容

 

『うみねこのなく頃に』背景考察:須磨寺家の陰謀

 

《事件整理》
[主犯格]
・右代宮霧江
・須磨寺家一族
EP1~4の各事件はすべて、霧江が死んでしまうイレギュラーな物。
[目的]
・右代宮家の財産の乗っ取り
・須磨寺家への財産横流し
[考察に至った理由]
・どのエピソードでもかならず縁寿が生き残るので、最終的に遺産は須磨寺家へ転がり込む
・厳格な家系であるはずの須磨寺家において、霧江の勘当処分はあまりにも軽い
・没落した格下の家と須磨寺家が取引するメリットは?
他、多数の観点から総合的に判断してこの考察に至った。

 

《戦後~1966年》
マルソーの会長が金蔵にインゴットをもらったという噂を耳にした須磨寺家は、その真相を調査するために霧江を留弗夫に近づかせる。当時、留弗夫は未婚であったので、右代宮家を内部から調べるのにもってこいの方法である。
しかし、それと同時に明日夢の実家(以下、A家)も明日夢を留弗夫に近づけさせていた。A家も同じく右代宮家の財産を狙っており、両家の対立が開始する。
優柔不断な留弗夫は霧江と明日夢のどちらを選ぶこともできず、戦局は膠着状態に陥る。

 

《1967年:使用人の怪死事件》
戦局が動かぬ中、須磨寺家は「夏妃が不妊に悩んでおり、金蔵が養子を探している」という情報をキャッチする。すぐさま先手を打ち、須磨寺家は血縁者を養子として送りつける(その際に、何らかの取引をした?)。
ところが、その作戦にA家が気づいてしまう。A家はその養子を排除すべく、明日夢を直接六軒島へ向かわせる。明日夢はこの頃には既に右代宮家で顔見知りとなっていて、突然ふらっとやってきても不審に思われなかったのだろう。右代宮家の人間の隙をみて養子を排除しようと画策する。
ところが、本館に行っても養子の姿はない。とりあえず散歩と称して養子の探索をしに崖下へ来たとき、明日夢は夏妃が使用人を突き落とす場面を目撃する。いきなり上から降ってきて、そして目の前でグチャグチャに潰れる様を見た明日夢は相当ショックを覚えたはずである。このせいで、明日夢は「落ちる」ことに対してトラウマを持ってしまった。
このトラウマが戦人に受け継がれたのである。

 

《1967年:霧江の妊娠》
須磨寺家の作戦が見破られ、両家の戦局は再び白紙へと戻ってしまった。留弗夫との婚姻を急ぐ須磨寺家は、霧江に留弗夫への性交渉を強要する。同じくA家も明日夢に性交渉を強要した結果、霧江と明日夢の両方が妊娠してしまった。
その後、A家は右代宮家と取引をして留弗夫と明日夢の結婚を正式に金蔵に認めさせた。このままでは勝ち目がない、と判断した須磨寺家は作戦を変更する。

 

《1968年:戦人誕生》
留弗夫もまた望まぬ結婚であり、本当は霧江との子供が欲しかった。そこで霧江は留弗夫の協力の下、生まれたばかりの霧江の子と明日夢の子を新生児交換する。そして、新生児交換をした明日夢の子は須磨寺家の管理の下で密かに処分し、「霧江が流産した」という偽の情報を流す。明日夢は事実に気づかないまま、霧江の子を「戦人」と呼んでいた。

 

《1969~1976年》
霧江は留弗夫と密会を続けるも、須磨寺家は主だった動きを見せなくなる。A家は明日夢に内部から調査をさせるが、一向に情報はつかめなかった。

 

《1977年:楼座の夫が蒸発》
10年近くも動きを見せない須磨寺家に対してA家が不審に思うことの予防として、須磨寺家は血縁者の男を楼座のもとへ送る。久々の動きに気づいたA家は、その男を蒸発させて須磨寺家の作戦を封じた。
しかし、わずかに一手が遅れてしまったため、楼座は真里亞を身籠もってしまう。須磨寺家の血縁者とはいえ、右代宮家の血族となる真里亞にA家は迂闊に手を出せない。序列上自分たちが有利とみたA家は、驕りもあったせいか真里亞の始末はしなかった。

 

《1978~1979年》
明日夢は続けて金塊について探りを入れるが、進展はまったくなかった。それどころか、金蔵もおそらく明日夢に対して不審に思うようになってきていた。

 

《1980年:明日夢の死亡》
戦人の誕生からの12年間、須磨寺家はA家の事業に対して密かに伏線を張り巡らせていた。それがようやく終了し、須磨寺家はいよいよ実行段階に入る。留弗夫に気づかれないように明日夢を事故死に見せかけて殺し、張り巡らせた伏線を利用してA家を一気に叩き潰すという作戦である。
まず、須磨寺家は霧江を使って留弗夫を数日間呼び出し、明日夢を殺害する隙を作る。留弗夫は出張などと嘘をついて霧江のもとへ行き、自宅には明日夢と戦人の2人だけになってしまった。
そしてある日、明日夢は買い物か何かに行くことになった。その時に戦人もついて行く約束になっていたのだろう。ところが、戦人は何らかの理由でこれを拒否したので明日夢は1人で行かなくてはならなくなった。須磨寺家はここにつけこんで、明日夢を事故死にみせかけて葬り去った。
つまり、戦人の罪とは「明日夢との約束を破ったこと」である。戦人が明日夢との約束を守ってついて行っていれば、明日夢は殺されなかったかもしれない。戦人はおそらく、明日夢が事故死したことに自分は関係ないと思っている。些細な約束破りが6年後につながっていたとは誰も思うまい。
須磨寺家はすぐに作戦を実行した。事業は片っ端から崩れていき、A家は再起不能なくらいに徹底的に叩き潰された。霧江は既に縁寿を妊娠しており、縁寿の出産と同時に何らかの取引の上で正式な承認をもらって右代宮家に入籍した。

 

《1981~1983年》
戦人がグレて家出をしている間、霧江は金塊について探りを入れていった。もちろん、金蔵からの信頼を得ない限り、金塊について聞き出すことは難しい。そこで、霧江はある作戦に出た。
それが、蔵臼の事業潰しである。須磨寺家に裏から手を回させて蔵臼の事業を次々に潰していき、それを霧江が金蔵の前でそれとなく予言をする。愚行に気づかず自分の財産まで食い荒らしていく蔵臼と、その失敗を次々と言い当てる霧江。金蔵がどちらを信頼したかは言うまでもない。
金蔵は霧江に自分自身と同じ才能を感じ、次第に霧江に信頼を寄せていくようになる。そして、遂には霧江に右代宮家を任せたいと思うようになる。そこにつけ込んで、霧江は金塊についてのすべてを聞き出すことに成功した。
金塊を直接見せてもらった霧江は、噂が本当であったことを実感した。そして、霧江は金蔵から家督相続についての話を聞かされる。霧江に是非とも相続してもらいたいところだが、序列的に霧江を跡取りにすることは出来ない。どうしたものか、と頭を悩ませる金蔵に霧江はこう提案した。
「この金塊の在処を謎にして皆に提示し、それを解いて金塊を見つけた者を次期当主にするのはどうか。」
霧江の名案に心服した金蔵は提案通り、超難解な謎を解いた者を次期当主にすると決める。そしてその答えを霧江にこっそり教えて、皆の前で解き明かした上で金蔵自らが相続の正式発表をする、と約束する。
つまり、この碑文は解けないからこそ意味があった。解けないからこそ、霧江の次期当主の地位を確実なものにすることができるのである。しかし、皆の前で解答を発表する以上は実際に答えが必要である。したがって、難解ながらも一応解けるようにはしている。これが碑文の存在意義である。
こうして、霧江の金塊の相続はほぼ確実となった。

 

《1984年:碑文発表後の親族会議》
再び六軒島を訪れた霧江は、金蔵と密会して碑文の答えを聞き出そうとした。しかし金蔵は、すぐに解いてしまうと不審がられるので1年は待ったほうがいい。その間に霧江も考えてみたらどうか、と言った。
すぐにも答えを聞きたい霧江であったが、金蔵がそういう以上は従わざるを得なかった。念のために金塊の隠し場所に通じる階段がある場所に行ってみたが、扉は案の定固く閉ざされていた。

 

《1985年:1年前の親族会議》
1年考えてみたものの、霧江は全く答えが浮かばなかった。そして遂に親族会議の日が来て、霧江は再び六軒島を訪れた。やっと答えが聞ける、と期待しながら金蔵のもとに向かった霧江であったが、残念ながら金蔵から答えを聞くことは出来なかった。
蔵臼夫妻いわく、遺産相続に関する話をしているところを偶然聞いて憤慨し、自ら書斎に引き籠もってしまったのだという。
霧江は即座におかしいと判断した。金蔵は霧江に次期当主の座を約束しているので、遺産相続の話を聞いたぐらいで霧江自身にも会わなくなるほど憤慨するとは思えない。金蔵の生死に関して蔵臼夫妻が何か隠し事をしている、と感じた霧江は帰宅後すぐに須磨寺家に連絡を入れて蔵臼の身辺調査をさせた。金蔵の死亡を裏付けるような動きは見られなかったが、須磨寺家は蔵臼の財政状況が最悪の状態であることを突き止めた。
事業潰しは相当ダメージが大きかったらしく、蔵臼は屋敷を抵当に入れてまで借金を繰り返していた。そして、そんな状況で遺産分配が出来るはずがないので、金蔵の死亡を隠すことで遺産分配を延ばそうとしている。そう推測した霧江は、もはや右代宮家にもはや価値はないと判断し、金塊以外の右代宮家のすべてを叩き潰そうと画策した。
これが『うみねこのなく頃に』のすべてにおける核心部分、「六軒島壊滅計画」である。

 

《1985年親族会議~1986年10月3日》
留弗夫以外の血筋をすべて排除することで、遺産はすべて留弗夫のもとへと転がり込む。そして、それを霧江が徐々に須磨寺家に横流しすることで最終的に須磨寺家が独占できるのである。
この計画を実行するためには、少なくとも金塊の隠し場所に通じる階段の封鎖を解かなければならない。そのため、霧江が須磨寺家に六軒島の侵入調査を極秘で行わせたところ、島のちょうど裏側に桟橋があるのを発見した。そのまま上陸させて捜索させたところ、島の奥深くに隠れ屋敷があることが判明した。そして、その屋敷と金塊の隠し場所は地下通路で結ばれていて、階段の封鎖は扉の内側から解くことが出来た。
これは使える、と判断した霧江は以下のように計画をたてた。


山の頂上のほうに、あらかじめ決めた時刻ちょうどに大爆発する爆弾を設置する。
そして、時間ギリギリになってから家族だけを呼び出して金塊の隠し場所へ行く。
その間に爆弾が爆発、山肌からは大規模な土砂崩れが発生して屋敷もろとも飲み込んでしまう。


台風が接近していることを知った霧江はすぐに爆弾を手配し、須磨寺家の人間を動員して(おそらくEP4で出てきたあの丘に)設置させた。台風の影響も考えて時刻は10月6日午前零時前後になるようにセット。裏桟橋から侵入して迅速に作業が行われた。
そして霧江は、万が一自分たちまでもが全滅してしまったときのことも考えて、縁寿を同行メンバーから外すことに決めた。縁寿の食べ物に食中毒を引き起こすようなものを入れて体調を崩させ、霧江の祖父の家に預けた。

 

この後に各エピソードが展開される。残念ながら様々なイレギュラーが重なって霧江は死んでしまうので、真実を知らない戦人は濁流に飲み込まれて命を落としてしまう。
どのエピソードにおいても縁寿が確実に生き残るので、遺産はすべて縁寿のもとへ行く。そして最終的にはすべて須磨寺家の財産となる。
多少のイレギュラーはあれども、結果的に霧江の計画はどのエピソードでも成功するのである。

 

《追加考察》
EP4で出てきたボトルメールや貸金庫の鍵も恐らく霧江が用意させたものだろう。
ボトルメールに関しては霧江が手書きし、事件後に海に投げるように伝えておいた。真里亞がオカルト趣味に走ったのも恐らく霧江が吹き込んだせい。この計画を見越して、数年前から準備をしておいたのである。
貸金庫の鍵も、何の罪もなく死んでしまった人たちへの謝罪を込めて霧江が用意させたものだろう。そして、万が一自分たちが死んでしまった時のために縁寿の分も用意しておいた。
縁寿は実の母親の仕業と知らずに、事件の真相を追っていたのである。
そして、霞は計画を一切知らされなかった哀れな人物である。恐らく、霧江が口止めをしておいたのだろう。姉の大罪を知らされることなく生きてきた霞は幸いであったのかもしれない。

 

《あとがき》
以上、拙い文章ですが考察をしてみました。伏線と思われる箇所をすべて書き出そうとも思ったのですが、面倒だったのでやめてしまいましたw
もともとは、縁寿がゲーム盤に参加できない理由を考察するところから始めたのですが、考察していくうちにどんどん話が膨らんでしまい、最終的に須磨寺家の大悪行というところで落ち着いてしまいました。
まだまだ未完成ですが、この考察が皆さんからどのような評価をいただけるか楽しみにしています。
では、最後にアレで締めたいと思います。

 

………ただ縁寿が生き残るというだけで、私はこの程度の推理が可能です。……如何でしょうか、皆様方。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

2009年8月28日


809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:15:42 ID:BVWDoBIl
 803
面白いね。

EP4で唐突に須磨寺家なんてのが濃い設定で出てきたことに説明がついてる

ノックス的にも十分てがかりは提示してるな

 

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:18:46 ID:4G5nzruW
 803
なるほどなぁ、結構面白い。
その場合は霞が何も知らなかったことが気になるけど、
霧江の死はイレギュラーだったからで説明もつくか・・・
ヅラの事業失敗も確かにびっくりするくらいコロコロ失敗してるしなぁ

 

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:19:11 ID:n2G2KBmr
 803
題名から大体予想がついた。
須磨寺家の霧江が簡単にお嫁に行けないのは霞が言っていた。
霧江は最初から須磨寺家のシカクとして送り込まれており、縁寿は遺産を受け継ぐだけの人間だった。

 

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:21:48 ID:8hg7XSE5
 803
もし霧絵が爆弾を仕掛けたのなら、ep4の電話で、戦人にそのことを言ってもよかったのでは?
何故霧絵はあの時、魔法があるという内容の電話をしたのか?

 

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:23:10 ID:M8z+bmhh
 803
面白いね、確かにそれはありだと思う

 

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:27:37 ID:imqoAvu+
 803
なるほど
でもA家の存在を示す伏線みたいなのは今まで出てきてないよな……

 

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:30:04 ID:yADQas0P
 803
なんというか、よくこんな筋道立てて考えられるよね
モテると思い込んでる留弗夫涙目

 

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:32:27 ID:BVWDoBIl
 803
いくつか疑問点があったので整理してみた

・真里亞まで須磨寺の血筋にするのはやりすぎな気もする。この理由は?
・戦人の罪について。戦人が約束を守ってれば、むしろ明日夢とともに殺されたんじゃないのかな
・霧江がボトルメールを用意した理由は?

 

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:32:57 ID:9oY/vgKK
 838
「………留弗夫さんと、最初から付き合っていたのは私だったのよ。……明日夢さんが、白々しく間に入り込んできて、…ちゃっかりと懐妊したのよ。
 ……留弗夫さんは悪くないわ。あの女が、体を武器にして誑し込んで、さらに嫌らしく立ち回って、留弗夫さんに婚約せざるを得ないよう追い詰めたのよ。」
(EP3「ホールの死闘」より)

直接A家に対する記述はないけど、少なくとも明日夢と霧江は対立してたってことは読み取れる
明日夢一人で須磨寺家と対立したとは到底思えないから、自然とA家の存在が浮かび上がってきた、って感じ

 

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:35:20 ID:ESMvPWG/
 803
説としては面白いけど現状の右代宮家って金塊見つけない限り誰も彼も借金まみれだよなぁ

縁寿が全てを操っていた黒幕…ってことは無いな。どんな幼女だ

 

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:36:54 ID:NqMPWC8w
 803
おもしろいがEP3の霧江の最期と矛盾しないか?
電話の内容など保管たのむ

 

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:42:12 ID:UbBMci19
1923年 くらいにベアトを召喚、黄金を授かってマルソーの会長に見せる

1935~40年 金蔵と金蔵の妻の夫婦間に、次男「留弗夫」生まれる

wikiより

マルソーの会長がインゴットを貰ったってのは結構有名な話みたいだし
ルドルフが20歳だったとしても約40年くらい経ってる。
いまさら金塊探しとかは現実実のない話に思えるかな。オレは。

 

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:42:31 ID:YjA6cD57
 803
グッド。とても面白い考察でした。
大まかな部分はともかく、明日無の子=戦人のすり替えや
縁寿不参加の理由や霧江の行動目的などは真相である可能性も高いのではないか、

・・・この文章を読んだことで、私にはその程度の推理が可能です。

 

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 00:56:21 ID:ZR83rVSK
 803
読んだが、中々に面白い
しかし次男夫婦が好きな自分としては、全部が正しいとしなくても似たような真相だったら
涙目すぎる考察でしたw


part513


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:12:51 ID:9oY/vgKK
ひきつづき、この考察お願いします。
『うみねこのなく頃に』背景考察:須磨寺家の陰謀
http://loda.jp/when_they_cry_3/?id=1370
あと、DLすると改行のない読みにくいデータになってるみたいで……すいません
熟読したい場合はコピペでお願いします

 

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:35:36 ID:fLdf7ByH
 1乙

 17
ここまで掘り下げて纏めてるのは初めて見たよ、凄いな
俺も縁寿がちょうど来られなかったこととか須磨寺家の状況とか考えると
これはアリなんじゃないかと思うんだ
犯人(黒幕)は自分が生き残ることに無頓着な感じもあるし

あとなっぴーが魔女の素質あるんなら、霧江も相当なもんだと思うんだよね

 

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:43:06 ID:ERx44oIf
前スレの須磨寺の陰謀説の考察、面白かった。
よく筋通せるよなぁ、感心するわ。

ただ、楼座の件に関しては別になくてもいいんじゃね、と思った。

 

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:50:34 ID:XSzkqvbn
前スレの須磨寺家陰謀説の”イレギュラー”について考えてみた。

金蔵の死を隠して遺産を死守する夏妃。
長男を脅して”右代宮家当主”を狙う絵羽。
須磨寺家の陰謀で”黄金”を狙う霧江。
そして兄姉を排除して”無双”を狙う楼座。

六軒島の悲劇は、この「4人の女」の陰謀が複雑に絡み合って起こったのではないだろうか。

 

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:53:28 ID:9oY/vgKK
 84
楼座の件に関しては無視してくれても構わない。
俺もあんまり自信ないし、この要素抜いても考察になんら影響ない。

 

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 01:53:31 ID:UbBMci19
>須磨寺家陰謀説
金噂を聞いて~ってとこがちょっと現実味が無いから
ここをもうちょっと考えればよくなると思う

何十年も前のそこそこ有名な噂話を元にお家乗っ取り騒動だとかはちょっとなー

 

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/08/28(金) 02:01:02 ID:9oY/vgKK
 115
Wikiにインゴットの話が戦前のように書かれてるけど、あれは完全に間違えてる。
金蔵自身が、ベアトに会ったのは終戦間際って言ってるし、財を築いたのはどうも戦後っぽい。


スレッド抜粋に戻る



お名前:
  • EP7でこの説の可能性が高くなった -- 2010-08-17 (火) 19:06:34
  • 金蔵の信頼を勝ち取ったというよりも探っているうちに碑文がでてきて霧江がそれを解いたって方がしっくりくる。 -- 2009-12-31 (木) 12:45:19
  • 戦人は書類上、右代宮家の跡取りであり、『A家の跡取り』ということはない。 -- 2009-12-15 (火) 23:57:09
  • 不幸になってるカケラを探したっていうか自分で手を加えて不幸にしたって感じだったよね、七夕小冊子読むと。「仕込みに手のかかった駒発言」もあるし -- 2009-12-12 (土) 22:35:10
  • ↓ベルンが探し回ったのはただのエンジェではなく「不幸になっている」エンジェで、だから探し回るのに苦労したのかもしれないぞ。 -- 2009-12-11 (金) 17:10:26
  • 部分的に反対。そもそも最初の条件、『どのepでも縁寿が生き残っている』とは思えない。なぜならep4でベルンカステルが『対決にふさわしい駒を探し回った』と言っている。どのepでも縁寿が生き残っているなら探し回る必要がない。個人的にはベルンカステルの言葉から様々なカケラを渡り歩いた印象を受ける。実は惨劇後の縁寿の生存率は極めて低いのではないだろうか? -- まろ? 2009-12-11 (金) 03:09:56
  • A家のくだりにかなり違和感を感じるな。重要なピースであるのに、戦人が祖父・祖母と暮らしていた家はごく平凡で普通の家だったと真逆なことを語っていた。そんなことをたくらむ家とは想像しがたい。 -- 2009-12-10 (木) 21:46:24
  • 須磨寺家のためにという理由でここまでするような女が、使用人の遺族のために大金をわたしたりするのかな?それに霞が事情を知らないというのも違和感がある。縁寿が財産を相続すれば命が狙われることぐらい霧江なら予測できたと思うし。 -- 2009-12-10 (木) 19:19:02
  • 本当に素晴らしい考察でしたよ。ちょっと疑問なんですが須磨寺家の動きをすぐにA家は気が付けるんですか?そして縁寿はなぜ六軒島の事件の真相を知りたいと望みEP4では須磨寺家に命を狙われるのですか?その辺の考察を聞かせてください -- 名無し? 2009-12-10 (木) 07:19:58
  • ルドルフの殺される発言は戦人が実子だと霧江に告白しようとするフラグで、事実を知った霧江は実行される作戦から戦人を救おうとしたのかもな -- 2009-12-09 (水) 21:39:30

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照