このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

考察投稿抜粋/紗音嘉音同一人物説考察:戦人は紗音と嘉音を二人同時に目撃していない

  • 投稿時の発売済み作品:EP1/EP2/EP3/EP4

このページはあくまで2ちゃんねるの投稿の抜粋です。この投稿内容に関する考察や議論を直接このwikiで行いたい場合は、このページのノート欄でお願いします。

[編集]紗音嘉音同一人物説考察:戦人は紗音と嘉音を二人同時に目撃していない

 (編者註)これは、下位世界の戦人が第九の晩の殺人が起こるまでに目撃したものは、幻想が混じっていない真実であると仮定した考察です。


270 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2009/01/03(土) 22:45:21 ID:UGU8KwhE

検証、戦人の前に嘉音と紗音が登場と退場するシーン全て

EP1
嘉音 「おや…! おおい! 嘉音くんやないか! 久しぶりやな、元気かぁ!」
   →  退場を急かす郷田に促され、嘉音くんは去っていった。
紗音 そこには、俺らと近い歳に違いない使用人の女の子がいた。
   → 紗音ちゃんは深々とお辞儀をして俺たちを見送る。
紗音 廊下から配膳ワゴンと一緒に紗音ちゃんと熊沢さんがやって来た。
   → 熊沢さんは紗音ちゃんと一緒にお辞儀すると、配膳ワゴンを押しながら退出していった。

紗音「……あら。皆様、ここにいらっしゃられたんですか。てっきり海岸へ行かれたとばかり…。」
 バスケットを持った紗音ちゃんが、俺たちが肖像画の前にたむろっているのを見つけて驚いたようだった。
 →  最敬礼のお辞儀をしてから、紗音ちゃんはぱたぱたと薔薇庭園に駆けて行った。
嘉音 「………お食事の準備が整いました。お屋敷へお越し下さい。」
    嘉音くんの声だった。
(…だが、俺たちを呼びに、屋敷からやって来た嘉音くんが、こっちに真里亞がいると思っていたという点が気になる。
「………お屋敷ではお見掛けしませんでしたので、てっきりこちらにおられるとばかり。楼座さまは仮眠を取られておいででしたので…。」
「ここに来る途中に、見掛けなかったのかよ?」
「………申し訳ございません。傘をさし、急ぎ駆け抜けたもので、そこまでの注意を払いませんでした。」
 お屋敷とゲストハウスを最短距離で結んで薔薇庭園を突っ切ると、そこは真里亞が薔薇を探していた場所とは少しずれる。
 増してやこの雨だ。
 嘉音くんが気付かなかった可能性は充分にある。)
  → 俺と譲治の兄貴は雨の中へ飛び出していく。
    その後を、朱志香と嘉音くんも追った。
  → 朱志香と嘉音くんたちも追いついてくる。
 →  俺たちは真里亞を連れて屋敷へ向かった。

紗音 そこへ、オードブルを乗せた配膳台車を押して、熊沢と紗音が現れる。
  → ささやかな談笑が時折聞かれたが、それらはどこかよそよそしく、雨の音が食堂に忍び込んでくることを忘れさせない静かな晩餐だった。  (注.このあと熊沢と紗音は配膳台車を押して帰ったらしい)

紗音 やがてコーヒーや紅茶を積んだ配膳台車が戻ってくる。
   それを熊沢さんと紗音ちゃんが配膳した。
 → そして、これで今夜の晩餐は終わりであることを郷田さんが説明する。 (注.また帰ったっぽい)

紗音「………皆さん、ゲストハウスまでお戻りですか?」
   ホールに出てから玄関に行こうとすると、使用人室が開き、紗音ちゃんが出てきた。
  → 紗音ちゃんはぺこりと頭を下げると、ゲストハウスの使用人室に入っていった。

紗音  部屋に譲治の姿はない。
    さっき、紗音が部屋にやって来た時、急に屋敷に忘れ物をしたから取りに戻ると言い出したのだ。
    紗音は来た時同様、ご案内しますと言い、二人で退出していった。

紗音死亡?「……………お父さん…。………死、………倒れているのは、蔵臼伯父さん、留弗夫叔父さん
      霧江叔母さんに、楼座叔母さん、郷田さんで、……………5人…?」
 「…………いや。……6人や。……ここに、…もう1人おる…。」 死体最初に発見の秀吉、絵羽、夏妃●?
 秀吉が今、見下ろしているその遺体は、…たまたま荷物の山奥の物陰で、入り口の譲治からは死角だった。
 …だから、それが誰の遺体か、…譲治にはわからない……。 (★戦人は紗音の死体があるか確認せず)


273 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2009/01/03(土) 22:46:03 ID:UGU8KwhE

以降、紗音が死亡し、登場するのは全て嘉音 紗音の死体は倉庫の奥にあるということで、戦人は確認せず。

嘉音死亡? ……だが、血の海に溺れるかのように倒れている嘉音を前に、それは二の次だった。
   → 廊下では朱志香がしゃがみ込み、さめざめと泣いていた。
     ……嘉音くんの死の瞬間を、看取ったのかもしれない。  (★戦人は嘉音の死を確認せず)

EP2  戦人寝まくりワロタ   一日目、戦人は紗音や嘉音のどちらにも会わず終了
     朝に楼座さんは、ばりばり紗音と嘉音と一緒に礼拝堂の前にいますよー●
「げ、…源次さんと紗音ちゃんはお父様に連絡して指示を仰いでちょうだい。郷田さんは嘉音くんと一緒に行って警察に電話を。…あと、南條先生に来てもらって…。」  (^ω^ 紗)( ^ω^嘉)ドウスレバイインダ

嘉音  廊下の向こうから、慌しく人が駆けてくる気配を感じた。
        見れば、それは郷田と嘉音だった。
 →  それだけのやり取りをしてから、嘉音はようやく朱志香に気付き、頭を下げるのだった。
     …しかし落ち着きはない。南條を伴い、やって来た廊下を駆け戻っていく。
  →  戦人たちは、嘉音と南條の後を追い掛けるのだった…。
  →  すぐにそれを郷田も嘉音も理解し、その背中を追った。

嘉音死亡? により、以降、嘉音の出番なし!
赤字「嘉音はこの部屋で殺された」が、殺されたという事実を表しいつ殺されたかまでについては
  指定していないので後々までいきていた、という説が正解だった模様。
 
紗音 振り返ると、いつの間にか楼座が、源次と紗音を連れて帰ってきていた。
 → 紗音ちゃんの額にはぽっかりと穴が空き、そこから中身がどろりと溢れてくる。
   それどころか、…その中身まで、…見えてしまう。
   それを見て、俺はようやくしてはいけないことをしたことに気付いた。
   慌てて目を背けたところで、今さら何の意味もなかっただろうが。
紗音、死亡確定っぽい? (嘉音は朱志香の部屋で殺されたと赤字、運んできた?)
夏妃の部屋の密室で紗音に対して死亡を赤字で宣言されてはいない(これもよく考えるとおかしな話)

EP3

紗音  「そうですよね。真里亞さまはまだ3つでしたものね。」 (海岸)
    →上位ベアトが出てきて中断
あとはメタ世界と親達の会話だらけで一日目終了

親達は死体を確認したらしいが、戦人たち子供は確認せず

紗音死亡? 譲治の兄貴は、紗音ちゃんの遺体と一緒に倒れていた。  

嘉音の死体は礼拝堂にあるらしいが、出てこないまま終了
とりあえず、紗音と嘉音の死体を確認したとのたまう親グループ全員が●

EP4 

嘉音 「嘉音くん、タオルをありがとう。助かったわ」
   「……それでは失礼いたします。」
  嘉音は、礼を言われるほどのことはしていないという淡白な表情で頭を下げると、客間を出て行った。

紗音 そんな薔薇庭園を、紗音を先頭に、傘を差した戦人、朱志香、眠っている真里亞を
 背負う譲治がゲストハウスへ向かっていた。
 → メタへ


274 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2009/01/03(土) 22:46:14 ID:UGU8KwhE
紗音、嘉音といっしょにいた親達7人、源次さん、南條先生、熊沢さん、郷田さんアウト●
  まあ死んじゃった? のがいたとしても
  そのあとの脱出組の蔵臼、霧江、南條は●●

裏手の、ほとんど森に飲み込まれた荒れ果てた茂みに、
古い井戸のようなものがあり、……そのすぐ近くに、南條先生と紗音ちゃんの死体があった。

……そして、突き刺さってこそはいなかったが、損壊した頭部のすぐ近くに、杭がそれぞれ置かれている。
……惨いのは誰も一緒だが、紗音ちゃんの可愛らしい顔が半分ほど吹き飛んでいるのを正視するのは、
とても辛かった。  (赤字宣告は無し)

嘉音の死体は井戸に鉄格子とかあって見れなかった。

赤字「嘉音は死亡している。霧江たち5人の中で、一番最初に死亡した。
     つまりは、9人目の犠牲者というわけだ」

これはもう真相に直撃している以外の何物でもないだろ 見つけた人GJ 誰かwikiに追加しといて


うみねこうpロダ00784より転載

嘉音と紗音が同一人物、もしくは一人二役が行われている可能性について

『実在の人間としてかかれているように見えても、幻想の可能性は十分にある』
『戦人はEP1からEP4まで、一度たりとも、その生死にかかわらず、嘉音と紗音を
同時に目撃したことがない!』
『戦人が見ていないところの、嘉音と紗音が同時に存在するシーンは、生きている金蔵
と同じく幻想の可能性がある!』

episode1
嘉音 「おや…! おおい! 嘉音くんやないか! 久しぶりやな、元気かぁ!」
 →  退場を急かす郷田に促され、嘉音くんは去っていった。
紗音 そこには、俺らと近い歳に違いない使用人の女の子がいた。
       → 紗音ちゃんは深々とお辞儀をして俺たちを見送る。
紗音 廊下から配膳ワゴンと一緒に紗音ちゃんと熊沢さんがやって来た。
     → 熊沢さんは紗音ちゃんと一緒にお辞儀すると、配膳ワゴンを押しながら
退出していった。
紗音「……あら。皆様、ここにいらっしゃられたんですか。てっきり海岸へ行かれたと
ばかり…。」
    バスケットを持った紗音ちゃんが、俺たちが肖像画の前にたむろっているのを
見つけて驚いたようだった。
   →  最敬礼のお辞儀をしてから、紗音ちゃんはぱたぱたと薔薇庭園に駆けて行
った。
嘉音 「………お食事の準備が整いました。お屋敷へお越し下さい。」
      嘉音くんの声だった。
  → 俺と譲治の兄貴は雨の中へ飛び出していく。
    その後を、朱志香と嘉音くんも追った。
  → 朱志香と嘉音くんたちも追いついてくる。
  → 俺たちは真里亞を連れて屋敷へ向かった。
紗音   そこへ、オードブルを乗せた配膳台車を押して、熊沢と紗音が現れる。
   → ささやかな談笑が時折聞かれたが、それらはどこかよそよそしく、雨の音が
食堂に忍び込んでくることを忘れさせない静かな晩餐だった。  (注.このあと熊沢と
紗音は配膳台車を押して帰った模様)
紗音  やがてコーヒーや紅茶を積んだ配膳台車が戻ってくる。それを熊沢さんと紗音
ちゃんが配膳した。
    → そして、これで今夜の晩餐は終わりであることを郷田さんが説明する。 
(注.また帰った模様)
紗音「………皆さん、ゲストハウスまでお戻りですか?」
    ホールに出てから玄関に行こうとすると、使用人室が開き、紗音ちゃんが出てきた。
  → 紗音ちゃんはぺこりと頭を下げると、ゲストハウスの使用人室に入っていった。
紗音  部屋に譲治の姿はない。さっき、紗音が部屋にやって来た時、急に屋敷に忘れ
物をしたから取りに戻ると言い出したのだ。紗音は来た時同様、ご案内しますと言い、
二人で退出していった。
嘉音   先に出ていた嘉音と絵羽、秀吉の姿もあり、大勢の人影があったが、まったく
賑やかさはなかった。
嘉音が戦人の目の前にいる中での、第一の晩の犠牲者登場 紗音が死亡が判明するシーン、
はたして戦人は紗音を目撃しているのか?
  だからこそ子どもたちは夏妃が遠ざけようとするその光景を見てしまう。
  シャッターの開け放たれた倉庫内は、頼りない蛍光灯で照らし出されていた。そこには、
……、(略)
  夏妃が両手を広げた時、それはこれ以上先に進ませないためのものだと思った。
  …しかし、今、絵羽が両手を広げているのはそのためではない。…そこにある惨状を
子どもたちに見せないためのもの。
  その惨状を、せめて自分の腕一本分でも視界を遮って、子どもたちの瞳と心を庇おう
という母の心!(略)
  でもあの、スーツは、…うちのクソ親父のなんだよな…? …わかってるよ、そいつ
は蔵臼伯父さんだ…。霧江さんにッ、楼座叔母さんにッ、うおおおおおぉおおおぉぉおお
おッッ!!!
「父さんッ、お父さん!!!」
「駄目よ朱志香!! 入っては駄目ッ!! 見ては駄目!!!」
「お父さんお父さんッ!!ひぃいいいぃやああぁあぁああッ!!!」(略)
 夏妃伯母さんは朱志香を、絵羽伯母さんは譲治の兄貴を抱きとめていたので、……俺だ
けが倉庫の入り口までやってくることができた。
 …………あぁ、…俺にも、抱きとめて引き止めてくれる人がいりゃあ、……こんな最低
最悪な光景を、目に焼き付けずに済んだだろうよ…。(略)
 服装でわかる。……ウチのクソ親父に、霧江さん。…蔵臼伯父さんに楼座叔母さん。
……向こうは、…郷田さんに、
…まだいるのか? 何人死んでんだよ…。……ふざけんなよ、片手じゃ折る指が足りねぇぞ
、畜生ぉおおおおぉッ!!!(略)
 俺は歳甲斐とか形振りとか、そんなの全然関係なく、……膝を落としながら、兄貴の胴に
しがみ付いてわんわんと泣いた。
 それはまるで、その場に居合わせた全員の泣き声を俺が代弁したかのよう…。俺は全員分
の気持ちを代表して、いつまでも泣き喚くのだった……。(略)
「……………お父さん…。………死、………倒れているのは、蔵臼伯父さん、留弗夫叔父さ
ん、霧江叔母さんに、楼座叔母さん、郷田さんで、……………5人…?」
「…………いや。……6人や。……ここに、…もう1人おる…。」
 秀吉が今、見下ろしているその遺体は、…たまたま荷物の山奥の物陰で、入り口の譲治か
らは死角だった。(略)
「……行こう。戦人くん、朱志香ちゃん。……これ以上、僕たちがここにいると、大人の邪
魔になる。」(略)
「……戦人…。しっかり………。」
 戦人は、ずっとずっと、両親の遺体の前にしゃがみ込んでいた…。(略)
 子どもたちが帰っていくのを見届けてから、夏妃は源次に指示する。

『…うちのクソ親父のなんだよな…? …わかってるよ、そいつは蔵臼伯父さんだ…。霧江
さんにッ、楼座叔母さんにッ、うおおおおおぉおおおぉぉおおおッッ!!!』とあるが紗音
のことは見ていない。
『秀吉が今、見下ろしているその遺体は、…たまたま荷物の山奥の物陰で、入り口の譲治か
らは死角』であり、『兄貴の胴にしがみ付いてわんわんと泣いた』戦人や『ずっとずっと、
両親の遺体の前にしゃがみ込んでいた』戦人にはには目撃は不可能。

以降、シャッターはしまったままなので戦人が紗音と嘉音を同時に目撃することは出来ない。

嘉音死亡のシーン
  彼らは本来なら、このボイラー室に充満する猛烈な悪臭の発生源について議論するだろう。
  ……だが、血の海に溺れるかのように倒れている嘉音を前に、それは二の次だった。
 「嘉音! 返事をしなさい!! ……源次、南條先生をここにッ!!」
  夏妃は嘉音が瀕死とはいえ、まだ意識があることに気付き源次に託す。
  …夏妃はライフル銃を高々と構えると、ボイラー室の奥の暗がりに向けながら怒鳴る!
嘉音は瀕死の状態で発見される。そして戦人は犯人を追いかけて中庭へ…。
  …床には、嘉音くんが残した血溜まりが残っている。
  そのおびただしい出血量と、無造作に転がる凶器の無慈悲な形状から、
  ……多分、南條先生の手当ては徒労に終わるだろうと思った…。
嘉音の胸に杭が刺さっているところを、戦人は目撃していない。
  ……嘉音くんはついに、意識を取り戻すことはなかった。南條先生たちの懸命の治療に
もかかわらず…。
  …いや、薬も施設もないこの島で可能な治療など元々何もない…。しかし、犯人と唯一
対峙した人間だった。
  その手掛かりをせめて聞ければ…。しかし、嘉音くんは運ばれた時からもう、………手
遅れだった。
 「………申し訳ありません。あのような重症を、設備のないところではどうしようも…。」
 「…いえ、無理もないことです。最善を尽くして下さり、ありがとうございました。」
  南條先生のシャツは激しい返り血を浴び、最後の一秒まで献身的な治療に当たったこと
が想像できた。
  廊下では朱志香がしゃがみ込み、さめざめと泣いていた。……嘉音くんの死の瞬間を、
看取ったのかもしれない。
看取ったのかもしれない。とは、戦人が嘉音の死を看取っていれば、当然そこに朱志香もい
るから
わかるはずであり、従って嘉音の死を戦人が看取っていないことになる。

またEP4によるEP1の嘉音のボイラー室での赤字で
『全ての生存者にアリバイがある!さらに死者も含めようぞ!!つまり、島の如何なる人間
にも死者にも、嘉音は殺せなかった!』
『嘉音は自殺ではない。』 『嘉音は事故死ではない!』と赤字で宣言されて、どうやって
嘉音は死んだのだろうと思うのだろうが、
肝心の『嘉音が死亡したことについて、赤字で宣言されていない』ことにも注意して欲しい。
さらに発展させれば、『そもそもなんかやられた人が本当に嘉音であると誰も赤字で宣言し
ていない』ことにも注目して欲しい。

以上のように嘉音と紗音の一人二役は生還することが出来るし、それによって17人目のX
も入り込むことが出来る。

episode2について
ここから上位世界が入るようになり、事件が起きるまでは大分省略して描かれる。
10月4日の戦人は、紗音や嘉音のどちらにも会わなかった。
10月5日
嘉音  廊下の向こうから、慌しく人が駆けてくる気配を感じた。見れば、それは郷田と
嘉音だった。
   →  それだけのやり取りをしてから、嘉音はようやく朱志香に気付き、頭を下げる
のだった。
     …しかし落ち着きはない。南條を伴い、やって来た廊下を駆け戻っていく。
   →  戦人たちは、嘉音と南條の後を追い掛けるのだった…。
嘉音 (礼拝堂で朱志香が駆けていって)  すぐにそれを郷田も嘉音も理解し、その背中
を追った。
ここで朱志香と嘉音が殺害され、以降、嘉音の出番なくなる。出てきたとしても幽霊だった
り偽嘉音だったりである。
   朱志香の部屋で問題となった『嘉音はこの部屋で殺された』についてどう考えるか?
    『嘉音という一人二役の一つの役を、その部屋でやるのを完全に辞めた
  (すなわち嘉音はこの部屋で殺された)』と取る。
「嘉音くんの本名が聞きたいな…」 朱志香刺される 「お嬢様、私です。紗代ですよ」
   『嘉音と名乗り一人二役している紗音』『17人目のX』が島には存在する。
紗音   振り返ると、いつの間にか楼座が、源次と紗音を連れて帰ってきていた。
以降、嘉音があらわれないことにより、戦人が嘉音と紗音を同時に目撃することは出来ない。
  使用人室での赤字で「彼らは、異なる人物を嘉音だと誤認することは絶対にない」
  これはどうするか? 使用人室で嘉音を目撃したとされるのは
  郷田・紗音・源次の三人だった。そして彼らはEP1でも嘉音=紗音と同時に会話をし
ている人たちである。
  つまり嘉音=紗音の一人二役について知っている可能性のあるグルの人たちならば  
「確かに彼らは異なる人物を嘉音と誤認することはないだろう。だが、嘉音を見たと嘘の証言
をすることは可能である」
紗音   紗音ちゃんの額にはぽっかりと穴が空き、そこから中身がどろりと溢れてくる。
     それどころか、…その中身まで、…見えてしまう。
     それを見て、俺はようやくしてはいけないことをしたことに気付いた。
     慌てて目を背けたところで、今さら何の意味もなかっただろうが。
一人二役によって『17人目のX』は最後まで生き残れる。

Episode3
一日目はこれだけ
紗音  「そうですよね。真里亞さまはまだ3つでしたものね。」 (海岸)
      →上位ベアトが出てきて中断
戦人が紗音の死体を目撃するのは、譲治死亡シーン
紗音死亡? 譲治の兄貴は、紗音ちゃんの遺体と一緒に倒れていた。  
譲治の兄貴は、紗音ちゃんの遺体と一緒に倒れていた。
胸が真っ赤に染まっている。そして見開いたままの瞳からは、…絵羽伯母さんには悪いが、
……生きている気配を感じることはできなかった。
 そして嘉音の死体は礼拝堂にあるらしいが、最後まで出てこないまま終了
 EP3はエヴァ・ベアトリーチェの勝利により通常とは違った展開になっているが
 特筆すべきなのは、紗音・嘉音の両方の死亡が赤字で宣言されてしまうこと。
以下、番号をつけて赤字を分類する。
①(マスターキーの本数は)各使用人が1本ずつで5本だ。
②金蔵、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢の六人は死亡している!
③6つの部屋には誰も隠れていない! 6人は即死であった!  6人はトラップで殺されては
いない  6人は誰も自殺していない!  ちなみに、6つの部屋の扉や窓はいずれも普通。
オートロックのような鍵を使用せず施錠できるような仕掛けは存在しない。 密室には犠牲者
しかおらず、それ以外の人物は室内には存在しておりません。
④金蔵は死亡している  蔵臼は死亡している 夏妃は死亡している  秀吉は死亡している
譲治は死亡している
留弗夫は死亡している 霧江は死亡している 楼座は死亡している 真里亞は死亡している
源次は死亡している
紗音は死亡している 嘉音は死亡している 郷田は死亡している 熊沢は死亡している
南條は死亡している 以上、15人は死亡
⑤ マスターキー5本は全て、5人の使用人の懐よりそれぞれ発見された!個別の鍵は
死体の傍らの封筒の中に!
⑥つまり、連鎖密室にかかわる全ての鍵が、連鎖密室内に閉じ込められていたわけだ!!
 ドアの隙間だの窓の隙間だの通気口だのッ、そんなところを使って密室外から鍵を戻す
ことなど出来ぬぞ!! 彼ら全員には致命傷となった銃創と思わしき傷跡があったぞ!室外
からの殺害は不可能だぞ!!
⑦ さらに赤を重ねようぞ! 金蔵を除く5人の殺人の際、殺人者は必ず同室していた!
自殺者がいないことは当時に赤で宣言済みだ!!
第一の晩で死亡のは、いったい誰だったのか?
③で6人死んだと言っている。 ⑤より、5人の使用人が死亡している。 
⑦で、金蔵は死亡している。従って金蔵と5人の使用人が死亡したと言っている。
②で金蔵、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢の六人は死亡している!  といっているが
第一の晩で死んだ5人の使用人の内訳が源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢であるとは赤字で
宣言されていない。
・第一の晩に死亡した内訳は、金蔵(死体)、源次、一人二役をしていた嘉音(紗音でもある)
               郷田、熊沢、マスターキーを持つ使用人(17人目のX)
        そして嘉音もマスターキーを持つ使用人の17人目のXも生き残れない。
 親達は嘉音と紗音のからくりを知ったので、嘉音と紗音が死んだと宣言、17人目のXに
ついては隠蔽する。
 ②や④について 紗音ってのはゲーム時間の外で死んだ嘉音=紗音とは関係ない別人。
紗音の名は独占されていない。

EP4 
嘉音 「嘉音くん、タオルをありがとう。助かったわ」
   「……それでは失礼いたします。」
   嘉音は、礼を言われるほどのことはしていないという淡白な表情で頭を下げると、
客間を出て行った。
紗音 そんな薔薇庭園を、紗音を先頭に、傘を差した戦人、朱志香、眠っている真里亞を
   背負う譲治がゲストハウスへ向かっていた。
   → メタへ
以下、戦人は死体になるまで嘉音や紗音と遭遇なし
   裏手の、ほとんど森に飲み込まれた荒れ果てた茂みに、
   古い井戸のようなものがあり、……そのすぐ近くに、南條先生と紗音ちゃんの死体が
あった。
   ……そして、突き刺さってこそはいなかったが、損壊した頭部のすぐ近くに、杭が
それぞれ置かれている。
   ……惨いのは誰も一緒だが、紗音ちゃんの可愛らしい顔が半分ほど吹き飛んでいるの
を正視するのは、
   とても辛かった。
嘉音の死体は井戸の底にあり発見は不可能。
赤字『嘉音は死亡している。霧江たち5人の中で、一番最初に死亡した。
       つまりは、9人目の犠牲者というわけだ』
・嘉音による一人二役。見つかった紗音の死体は、赤字で宣言されていた
『嘉音の死体(=紗音の死体)』       これで17人目のXが入れる
このようにして嘉音=紗音のひとり二役をいれることで17人を16人に出来て17人目の
Xが入ります。

以上は同一人物説に基づいた例ですが、嘉音と紗音はそっくりで両方とも本当にいるという
園崎姉妹のような可能性もあり、それを含めると膨大なパターンになるので割愛しました。
ひぐらしで例えると、
魅音(紗音)と詩音(嘉音)は、実は同一人物だったというケース    他には
魅音(紗音)と詩音(嘉音)は、ゲーム前に片方が死んで、もう片方が一人二役をしているケース
魅音(紗音)と詩音(嘉音)は、ゲーム前にどちらも生きていて、片方だけが来て一人二役
をしているケース
魅音(紗音)と詩音(嘉音)は、両方が来て、一人二役もしくは二人二役をしていたケース
魅音(紗音)と詩音(嘉音)は、両方が来て、一人二役など全くしていなかったケース
などがあります。


なお、この嘉音と紗音が同一人物という主張は、事件について一つの推理を提示するものである。すなわち、以上から次の帰結が導ける。

  • 帰結1:17人目に未知の人物Xが存在可能である。この島には18人以上の人間は存在しないが、嘉音と紗音が同一人物であるならば、17人目は未知の人物Xということになる。
  • 帰結2:その未知の人物Xが実在するベアトリーチェであるということが可能になる。
  • 上記のスレッドの書き込みより一週間ほど改良を重ね、全ての事件について説明をつけた考察を発表しました。
    『六軒島症候群』の可能性を真面目に考察してみたからどうぞ。

152 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/01/04(日) 22:57:27 ID:QW7e8geo
紗音=嘉音説は、以下の赤字をすり抜ける必要がある。

ep1
・金蔵、源次、紗音、嘉音、郷田、熊沢の六人は死亡している!

ep2
・嘉音はこの部屋で殺された。
・朱志香の死体発見時、朱志香の部屋にいたのは、戦人、譲治、真里亞、楼座、源次、郷田、紗音、熊沢、南條のみだった
・嘉音の名を名乗ることが出来るのは本人のみ! 異なる人間が名乗ることは出来ない!


・嘉音が殺されたってのは心理的な暗喩。物理的に死んだわけではない。
   ←暗喩認めたら赤字成りたたねーだろ
・嘉音が殺されたってのは未来の話。この時点で死んでたわけではない。
   ←過去形なのに、未来はねーだろ
・名乗らなければ成り済ましOK
   ←名乗りもしないで赤字氏名すら成り済まし可能なら、赤字の名前指定に全く意味が無くなるだろ

一応、否定派の反論も入れてみたけど、他にどんな屁理屈があったっけ?


228 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 09:30:36 ID:S5qAskcO
『嘉音はこの部屋で殺された』を同一人物説で
ようやく通過できる方法を思いついたんで書いとくわ。

嘉音(=紗音)の本名は朱志香で、嘉音(=紗音)が殺害された。
皆が朱志香の死体だと思っていたのは、
嘉音(=紗音)の死体だった。死体はうつぶせで、誰も顔を確認していない。
そして、後にでてくる紗音は、紗音の名を名乗っている朱志香だった。
朱志香と嘉音は顔が似ているので、朱志香は紗音に変装が可能。
譲治・郷田・紗音の密室は、嘉音(=紗音)の死体を使いまわす。
密室では譲治は死んでいたが、郷田はうつぶせだったので
戦人に死んでいるかどうかは確認が不可能
これで、難易度を誇った『嘉音はこの部屋で殺された』は通過できた。


97 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/01/09(金) 19:05:33 ID:T6sE5Erd
長い間、これがあるから『紗音と嘉音の同一人物は駄目だろ』といわれていた
EP3の第一の晩の赤字について、完全攻略できたみたい。
(EP2『嘉音はこの部屋で殺された』含め他EPは全部攻略済み)

>6つの部屋には誰も隠れていない! 6人は即死であった!  6人はトラップで殺されては
>いない  6人は誰も自殺していない!  etc
6人は即死であった!  などと言われているが、『そのうち1名は金蔵であることは確実』
従って、『ゲーム前に死亡した人間が6人の中に含まれても何の問題はないのは明らか』

>さらに赤を重ねようぞ! 金蔵を除く5人の殺人の際、殺人者は必ず同室していた!
『ゲーム前に殺害された可能性は、金蔵のケースがある以上、考えられる。
ゲーム開始前に同室すればいいだけ、礼拝堂とか長い間つかわれてなかったし』

従って、発見された6人の中で10月4日に島で『生きていた人物』は
『嘉音=紗音 源次 郷田 熊沢』だけで
あとの二人 『金蔵』、と『マスターキーを持つ使用人X』はゲーム開始前に殺害されている。

その使用人の死体にはたぶん顔がなかった。
したがって親達は、姿格好から、嘉音と紗音が殺害されたと考えた。
赤字の嘉音と紗音が死亡しているのは、紗音の名は誰でも名乗れるので、昔紗音という名の死んだ院生がいた。

従って、当日に島にいた生きている人物は、16人で何の矛盾も出ない。

この思いつきは、わかる人なら凄いことなんだけど……。あとでまとめたの見てください。
まとめはできるだけ短くなるように配慮します。
まあ、16人の可能性もあるっていうだけの話なんで。


スレッド抜粋に戻る

お名前:

コメントはありません。 コメント/考察投稿抜粋/紗音嘉音同一人物説考察:戦人は紗音と嘉音を二人同時に目撃していない?