このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

考察投稿抜粋/碑文考察:源次の懐

  • 投稿時の発売済み作品:EP1/EP2/EP3

[編集]碑文考察:源次の懐

698:名前:名無しさん@お腹いっぱい。 <sage> : 2008/09/22(月) 23:07:49 ID:a8t7RlYL
今さっきep3読み終わって
このスレに初めて来たから既出かもしれんが・・・

「懐かしき、故郷を貫く鮎の川。」から、まず最初に殺された、
かのん、しゃのん、きんぞう、郷田、くまさわ
の頭文字「かしき郷く」を抜くと
「懐、故を貫鮎の川。」となる。(源次の文字はどう変換しても無さそうなので後回し)
文字列を「鮎の川」から遡って行くと、
やがて「里」=「さと」=「郷」のあったところにたどり着く。
「二人が口にし」は、先程使われなかった「呂ノ上源次」の「呂」の字に
「口」が二つあるから恐らく源次に関係がある事を示す。
そして、「懐かしき」の「しき」を逆に読むと、「きし」なので、
「きし」の向こう側に残されている文字をみると、「懐」のみ。

つまり、源次の懐(ふところ)に、黄金郷への鍵があるのだと思う。


スレッド抜粋に戻る

お名前:
  • 要は金蔵(金のある蔵)の部屋の鍵ね。なるほどよくわからん -- 2011-09-07 (水) 03:54:49

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照