このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

外部リンク

[編集]公式サイト

[編集]販売所

[編集]ファンサイトなど

  • http://witch-hunt.com/
    海外のファンが有志でうみねこの翻訳版のパッチを製作しているサイト

[編集]参考文献

[編集]キリスト教関連

今作はキリスト教の世界観(特にダンテの『神曲』の世界観)をモチーフにしている部分が垣間見える。

[編集]神曲

[編集]聖書

[編集]魔術関連

[編集]魔法陣元ネタ

[編集]悪魔元ネタ

[編集]その他

[編集]ベアトリーチェ関連

[編集]ベアトリーチェ・チェンチ

ヨーロッパで語られる伝説的な悲劇のヒロインである。

ベアトリーチェ・チェンチをめぐる伝説はイタリアを中心に流布しており、ヨーロッパでは19世紀以後ベアトリーチェを主人公とする小説や劇の系譜がある。以下の作品が代表的。

  • P.B.シェリー『Les Cenci』(1819。小倉武雄訳『チェンチ家』一橋書房、1955)
     イギリス・ロマン主義悲劇の傑作として名高い
  • スタンダール『Les Cenci』(1837。小林正訳『チェンチ一族』三笠書房、1950)
  • アントナン・アルトー『Les Cenci』(1935。利光哲夫訳「チェンチ一族」、『夜想』6号「特集=アルトー、上演を生きた男」、ペヨトル書房、1982)
     『演劇とその分身』の公刊前後の制作にあり、著作で展開された「残酷演劇」の実作として著名
  • アルベルト・モラヴィア『Beatrice Cenci』(1965。赤沢寛訳「ベアトリーチェ・チェンチ」、『現代世界演劇8 不条理劇3』白水社、1970)

[編集]ベアトリーチェ・ポルティナーリ

『神曲』の作者ダンテが愛した少女。詳細は『神曲』の解説も参照のこと。


[編集]探偵モノ・ミステリー関連

[編集]ルール

オープニングムービー2に出てくる謎の文章「No Dine. No Knox. No Fair. In other words it is not mystery.」の意味は、上記の二十則と十戒を魔女は守らないという宣言ともとれる。後期クイーン問題は本作を理解するための最も重要な視点として作者サイドからたびたび語られている。


[編集]ミステリー作品

作者サイドから、うみねこに影響を与えてると明言された作品。

[編集]その他