このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

ネタ/夏妃のバイト奮闘記

うみねこのなく頃にWiki FrontPage

  • ネタバレ、キャラ崩壊等その他もろもろに注意
  • あくまで「ネタ」としてお受け取りください
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

夏妃「スマイルは有料でございます。」


 
 

part340


118 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 18:33:48 ID:fnshhgYn
なっぴーが働くことになったらどんな風になるか想像が容易だな
ドジッ子パワー発揮しまくるんだろうな

119 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 18:57:12 ID:KjFWWsGl
なっぴーコンビニ店員編

夏妃「……この機械はどうやって扱うのかしら」
ガシャー
夏妃「な……なに?いきなり小銭が出てきました……」
真里亞「うーうー!これほしい!うー」
夏妃「この変な具が入っている食べ物がほしの?」
真里亞「うー!おでんっていうんだよ!」
夏妃「やれやれ……こんな珍しいものもあるのですね…あつっ!」
真里亞「大丈夫?やけどした?」
夏妃「このくらい大丈夫です。どうぞ」
真里亞「うー、1000円渡す!」
夏妃「あら、1000円という事は…お釣りは……………」
真里亞「きひひひひ、おでんが320円で1000円渡したんだから、
お釣りは680円だよ、このくらいの知識は常識だよ、きひひひひ」
夏妃「う、ううーー(泣)こんなに私は頑張っているのに……うっうっ」

123 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:31:19 ID:O2gfTNrC

119
一方楼座は素手でおでんをすくった。


125 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:37:36 ID:f4XtbAAa
なっぴーがコンビニ店員だったら間違ってサンドイッチ温められても許せちゃうな。
チーズハムサンドのチーズがドロッドロになっちゃっても許せちゃうな。

128 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:39:11 ID:Kv00j+Cn

125
一方俺はイチゴホイップサンドを温められた。

133 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:56:33 ID:f4XtbAAa

128
なっぴーに脳内変換して耐えるんだ・・・きっとそれが幸せの魔法・・・。

なっぴ~「こちら温めますか?」
128「はい・・・あ、え・・・?」

チーン・・・ビチッ・・・チュブ・・・ブシュブチュァ!!

なっぴー「う、ううーー(泣)こんなに私は頑張っているのに……うっうっ」

136 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/04/06(月) 20:08:10 ID:Bkdlef+4

133
なっぴーはとんでもないものを温めていきました。
私の心です。

149 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:34:43 ID:Hw2Ffo8A
128「店員さん、その…暖めてほしいんだけど。」
なっぴー「はい、今すぐ暖め…」
弁当をレンジに入れようとするなっぴーの手を取る128
128「…お弁当じゃなくて僕を暖めてほしい。駄目かな?」
なっぴー「そ、そんな破廉恥な!だいたい私は人妻で…」
なっぴーを引き寄せて抱き締める128
なっぴー「あぅ…」
128「とっても暖かい。。…どうかもう少しだけこうさせてくれないか?」
なっぴー「………、仕方がありませんね。もう少しだけなら……許します。」

151 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/04/06(月) 20:39:28 ID:Bkdlef+4

149
クラウス「三分間まってやる……と言いたいところだが貴様には少しの猶予も与えらることもなく死んでいってもらおう。」


116 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 18:12:01 ID:o0SQkCR6
世間知らずはなっぴーと紗音嘉音だけ

131 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:44:08 ID:Hw2Ffo8A

116
紗音「あら、紗代ちゃんは世間をちゃんとよくわかってるわよ。」
嘉音「姉さん、見栄を張らない方が…」
紗音「はいはい、そこの家具は黙って。いい?バイトの極意は店長に気に入られる事よ。そしたらサボりまくっても無問題。深夜のコンビニバイトとかならPSPやDSしまくり。」
嘉音「姉さん……。」
紗音「で、もし、そうね、マックとかのバイトで昼忙しくなったらレジを嘉音にやらせて私は後ろでスマイル。まさにI’m Loveing itね。」
嘉音「それじゃI’m loveing NEETだよ…」
紗音「うっさいわね!ドナルドと店の前で踊らすわよ!…まぁともかく、最後は色仕掛けで落とした店長のクレカで色々買うわけよ。」
嘉音「どこいっても結局最後はそれなんだ…^^;」
紗音「あんたの餌代も稼がなきゃいけないし、春の新作もほしいんだから仕方ないじゃない。あんたの事まで考えてあげてるんだから感謝なさいよね。……ってマルボロ切れたから買って来て。」
そんな電波を受信した。


130 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:42:13 ID:kLiGUAgY
楼座「はい、真里亞。できたてのアツアツおでんよ。えーと値段は・・」グシャ←おでんが砕ける音
真里亞「うっ、ママ、おでん・・おでん・・!!」
楼座「あらあら、ごめんね真里亞、間違っておでんが砕けちゃった♪えっと値段は320円・・真里亞、何円持ってるの?」
真里亞「1000円だよ。ねぇ、ママ・・おでん・・。」1000を渡して
楼座「じゃあ540円のおつりね、はい。どうぞ。」
真里亞「ママ・・おつり足りないよ・・?ママ、引き算もできないの・・?」
楼座「うるさいわねっ!このレジがそういってるんだから、そうなのよ!」グシャ←レジスターが砕ける音
真里亞「はい・・ママ。真里亞帰るね・・。おでんあるから、早く帰ってきてね・・。」


132 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 19:54:10 ID:fnshhgYn
サタン「なに、あんた。」
真里亞「うー!このおでんちょうだい!」
サタン「…!こ、これはマリア卿?!さ、先ほどの無礼をお許しください!」
真里亞「うー!いいよ。じゃあちくわちょうだい!」
サタン「えーっと………。…あ、申し訳ありませんマリア卿!ちくわは今売り切れていまして…。(ベルゼのやつ…後で覚えておきなさいよッ!)」
真里亞「じゃあたまごちょうだい。」
サタン「分かりました。………。(チュルン)………ん。(チョルン)………くッ!(チェルン)」
サタン「こ、…この私を馬鹿にしているの…?!いい度胸じゃない…このッ!(チョルルン)…このおおぉおッ!!(チュルルン)」
サタン「この身の程知らずがッ!私を怒らせるとどうなるか思いしるといいわ!(課金コキンカキンコキンンズキューン)」

サタン「はいどうぞ。マリア卿。」
真里亞「うー。真ん中に穴が開いてる…。」1000円を渡す。
サタン「…?」
真里亞「うー、お釣りちょうだい。」
サタン「え、…あ、あぁ、お釣りですね。えーっと…680円です。」1円玉680枚渡す
真里亞「きっひひひ。500円玉や100円玉を使ってできるだけ少なくしないと。」
真里亞「そんなことも分からないの?きっひひひひひひひひひひひ。」
サタン「…う、………ぐっ、…くっ、…も、申し訳…ありません。」


134 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:03:15 ID:7pryqhJq
真里亞が店員やるのがいちばんいいじゃねぇかw


138 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:13:52 ID:mgl6FdPC
真里亞「うー!いらっしゃいませ~うー!」
楼座「あら真里亞。バイトしてるの。うふふ。じゃあ、おでんもらえる?」
真里亞「うー!ちょっと待ってねー!」
楼座「…ってちょ、真里亞何やってるの!?」
真里亞「これをおでんに混ぜると飴が降ってくるの!」
楼座「あんたそれ絵の具じゃないの!!」
真里亞「うー!はい!」
楼座「はいって…あんたまさかそれ食べられると思ってるの?」
真里亞「うー!」
楼座「うー!じゃわからないわよ。」
真里亞「うーうー!」
楼座「真里亞、しつこいわよ。」
真里亞「うー!うーうーうー!」
楼座「うおおおおおお!!!そのうーうー言うのやめろッつってんだろおおぉおぉおおぉ!!!!そんなだからッ!!そんなだからコンビニでえええぇぇぇえぇえぇ!!!!!!」
という夢を視た


137 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:10:09 ID:DAkqNpct
なっぴーファーストフード店員編

夏妃「…ハンバーガー? 若い方はこういった粗雑な食べ物がお好みなのですね……」

客  「すいませーん、注文いいっすか?」
夏妃「失礼致しました。 ……いらっしゃいませ。店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」
客  「あぁ、店内で。 …じゃあ、このハンバーガーとコーラ、以上で。幾ら?」
夏妃「(確か、セットを頼まないお客様には他の物も勧めろ、と)……ご一緒にポテトはいかがですか?」
客  「いらねーよ。 おばさん、とっとと頼んだ物を持って来いよ」
夏妃(くっ…!右代宮次期頭首の妻である、この右代宮夏妃になんたる口の利き方ッ! しかし、ここは我慢です)
   「……し、失礼いたしました。ではご注文は以上でよろしいですね?」
客  「だ・か・ら、注文は以上だよ! つか、幾らだって聞いてるんだよ、とろくさいババアだな。隣のレジで頼めば良かったぜ…」
夏妃「う、ううー、私はマニュアル通り接客して、こんなにも頑張っているのに~~(泣」

客  「………あ、あのババア泣きながらどっかいっちまいやがった」
??「……3分間待ってやる」???「ちょっと、いっしょに来てもらうぜ……」

139 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:17:21 ID:7pryqhJq

137

てめーは俺を怒らせた

140 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:19:43 ID:jC2OOf2w

139
蔵臼さんこんばんは


144 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:25:07 ID:o0SQkCR6
真里亞「うー!いらっしゃいませ!」
戦人「うお!真里亞、何やってんだ!?」
真里亞「うー!バイト!」
戦人「楼座叔母さんがよく許したな…じゃあ真里亞、おでんを貰えるか?」
真里亞「うー!わかった!戦人におでん渡す!」
戦人「あ、あと追加注文していいかな?」
真里亞「うー?なに?」
戦人「真里亞を俺に売ってくれないか?」
真里亞「うー!真里亞売る!戦人に売るー!」
戦人「そうか!じゃあ全部でいくらだ?」
真里亞「うー…」
戦人「真里亞ならいくら出しても買ってやるぜ!」
真里亞「きひひひひひひ、良いのかな?なんか来るよ?」
楼座「うおおおおおお!!!!!!!!」

145 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/04/06(月) 20:26:48 ID:Bkdlef+4
娘になんかよばわりかよW
あと皆オデン好きだな

148 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:33:50 ID:L4/JyJx6
あれ?なんかマリアが一番まともに見える…


152 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/04/06(月) 20:43:53 ID:fnshhgYn
サタンファーストフード店員編

サタン「…ハンバーガー?ニンゲンはこんなものを食べるのか。」

客  「すいませーん、注文いいっすか?」
サタン「…ふん、ニンゲンの分際で(ボソッ)。 ……いらっしゃいませ。店で食べるの?それともお持ち帰り?」
客  「あぁ、店内で。 …じゃあ、このハンバーガーとコーラ、以上で。幾ら?」
サタン「(確か、セットを頼まないお客様には他の物も勧めろ、とルシ姉に言われてたっけ。)……ご一緒にポテトはいかが?」
客  「いらねーよ。 ガキ、とっとと頼んだ物を持って来いよ」
サタン(………!!ニンゲンの分際で煉獄七姉妹が三女、憤怒のサタンをガキ扱いするかッ!…しかしここは我慢、ハンバーガー一つ売れないようじゃルシ姉たちに馬鹿に…。)
    「……も、申し訳ありません。では注文は以上で?」
客  「だ・か・ら、注文は以上だよ! つか、幾らだって聞いてるんだよ、とろくさいガキだな。隣のうさみみ姉ちゃんのレジで頼めば良かったぜ…」
サタン「なッ、なによッ!あんた、この私をそこまで馬鹿にするっていうのッ?!いいわッ!私の恐ろしさを教えてあげるッ!足、腕と順番に抉っていって、私を怒らせたことを後悔するといいわッ!!」

客  「………ひ、ひいいいぃぃいいいぃいぃいぃぃ?!?!」
ロノウェ「ぷっくっく!七姉妹の躾はまだまだなようで。」戦人「あの太もも姉ちゃん、後で店の奥まで来てもらうぜ…。」



お名前:

コメントはありません。 コメント/ネタ/夏妃のバイト奮闘記?