このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

ネタ/兄貴失格~再構築物語~

うみねこのなく頃にWiki FrontPage

  • ネタバレ、キャラ崩壊等その他もろもろに注意
  • あくまで「ネタ」としてお受け取りください
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

伝説は続いていく・・・、戦人とワルギリアの関係はうみねこのなく頃に part183の802より徐々に暴かれはじめた。


・part312までの戦人の評価

  • 「ワルギリア!、浴室の再構築を頼む!」「……なかなかうまく切れてるじゃねーか。」

part181
321 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 00:32:50 ID:nPx7U9XV
想像できるできないで言えば戦人×真里亜とかって想像できる?
楼座による戦人粛正という結末だけは想像できるが過程が想像できん。

 

325 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 00:36:33 ID:zoaNugHL
>>321
まあ、あと9年後くらいなら想像できなくは…戦人26歳、真里亞17歳とかなら、なんとか……
だが昭和61年時点の話なら戦人ロリコン乙としかいえないw


347 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 00:52:50 ID:nPx7U9XV
>>325
戦人「…胸揉ませるって約束したろ?早く脱げよ。譲治兄貴たちが戻る前に済ませるぞ。」
真里亜「きひひひ、戦人はせっかちだね。」
戦人「おいおい約束は約束だろ?今日でも問題はないはずだ。…真里亜はケチの朱志香と違って期待を裏切ったりしないよな?」
真里亜「うー!約束はちゃんと守れってベアトリーチェが言ってた!」

 

~一時間後~
カチャカチャ
戦人「ふ~、出た出た。おっと匂いでばれないように換気しないとな。窓開けてっと」
真里亜「うー…うー…戦人が痛い事した…うー」
戦人「いいからアソコから垂れてるの拭けって。…あとこの事は楼座叔母さんには絶対内緒な。約束だぞ!」
昭和61年だとこんな感じですか?(><)


365 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 01:08:03 ID:b1yADtvY
>>347
留弗夫「俺は・・・今晩殺されるかもしれない・・・。」
戦人「実は俺も・・・。」
霧江「・・・・・・・・・。」

 

371 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 01:12:26 ID:zoaNugHL
>>365
留弗夫と戦人の薔薇、霧江にちょん切られちゃうな

 

372 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 01:13:19 ID:fg5Wc78J
>>371
なんか想像して股間がすごく痛い

 

375 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/21(日) 01:15:07 ID:ghTNPC2s
>>371
違うよ 零距離ウィンチェスターだよ


part183
802 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/24(水) 12:01:24 ID:opDwSMoF
戦人「う…う~ん」
ワルギリア「…ふふ、起きましたか?」
戦人「なんか、寝てたみたいだ…」
自分が膝枕されてる事に気付く
戦人「悪い、ワルギリア。すぐ退くよ」
体を起こして起きようとする戦人
ワルギリア「まだ眠っていていいのですよ。あの子のゲーム盤の準備にはまだ時間がかかります。…だからもう少しだけ…」
そう言って後ろから両手をクロスさせて戦人を抱き締めるワルギリア
戦人「へへ、なら…もう少しワルギリアの膝枕の世話に…なるかな…」
また眠りにつく戦人
それを遠くから見てる人影が二人。
(`ー´)y―┛~~「あとから来てフラグ作るとかお師匠様そりゃないぜ…」
ロノウェ「お嬢様もやられてみては?ぷっくっく」
(`ー´)y―┛~~「それが出来たらとっくにやっておるわ。クッキーでも焼いておれ。」
というシーンを幻視した。


umineco_uljp00219_1.jpg

umineco_uljp00219_2.jpg

umineco_uljp00219_3.jpg

umineco_uljp00219_4.jpg

umineco_uljp00219_5.jpg

umineco_uljp00219_6.jpg

part185
174 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/27(土) 10:01:11 ID:21zmNTDa
エヴァ・ベアトの否定するのは絵羽犯人説を立証するしかないんだろ
人間犯人説が一回でも証明できたってことはベアトリーチェに不利だよな
魔女が何をしたいのかさっぱりだ
バトラがそれに気づかなければそれはそれでいいのか・・・うーん

 

175 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/27(土) 10:22:00 ID:vmxxlkFB
>>174
あいつはバトラといちゃつきたいだけだろ。
バトラを独り占めしておきたいだけ。
そこらの変な魔女に負けてもらうわけにはいかないのだよ。
ワルギリアにすら少し嫉妬したし。


179 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/27(土) 10:53:44 ID:zyJi3Qz/
>>175
ベアトはずっと戦人とゲームしたいと思ってそうだよな
今回赤字ラッシュで放置しとけば勝利確定してたんだし
ベアトの真の思惑はわからんけどまだ終わらせたくないとは思ってるんだろな

 

211 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/27(土) 12:50:34 ID:VITg6Uc+
>>175
ワルギリア「嫉妬ですか?…あの子は一体何を嫉妬してるのでしょう?」
戦人「さぁ?俺にもトンとそこらへんが分からねーな。そりゃ、ワルギリアには色々手伝っては貰ってるが……。」
ワルギリア「この間お風呂に一緒に入ったのがいけなかったのでしょうか?」
戦人「おいおい、浴室を再構築して一緒に入ってもらって、体洗うのを手伝って貰っただけだぜ?ワルギリアは俺の助手なんだからこれくらい普通だろ。」
ワルギリア「そうですね、私も普通だと思います。」戦人「…それじゃ、添い寝してもらってる事についてか?」
ワルギリア「あれは睡眠の手伝いです。助手としておかしい事ではありません。」
戦人「あ~もう全然ッ分からねぇな!あいつは一体何を嫉妬してやがるんだ?
………なんか考えたらお腹が空いちまった。何か作ってくれ。」
ワルギリア「はい、鯖のフリットは……飽きてるでしょうから舌平目のムニエルにしましょう。」


part187
70 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/30(火) 18:29:34 ID:HHc3qzhh
>>55
ワルギリア「最近は色んな物を再構築していますからね。回るベットとか」
戦人「へへ、でも嫌いじゃないだろ?」
ワルギリア「戦人は最近激しすぎですよ」


88 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/30(火) 19:03:01 ID:HHc3qzhh
>>79
戦人「悪い、ベアト。事件は続いてるがちょっとここで中断させてくれ。」
(`ー´)y―┛~~「何を言うのかと思えば…急にどうした?戦人」
戦人「…ちょっと汗ばんじまって気持ち悪い。風呂に入らないと気になってこのまま対局し続けるのは無理だ。」
(`ー´)y―┛~~「ふむ、仕方のない奴じゃな。さっさと風呂に入ってくるがよい」
戦人「ワルギリア、浴室を再構築してくれ」
ワルギリア「はい、浴室を再構築します。」
―二人が消えたあと暫く経って―
(`ー´)y―┛~~「中断と言ってもいつから再開するのか全く聞いてなかったな。ちょっと確認に行くか。」
(`ー´)y―┛~~「この洗面所の向こうが浴室か。おーい戦、……んん!?何でお師匠様の服や下着まで脱いでおかれているのだ?」ー二人の話声が聞こえてくる―
戦人「ワルギリアも、だいぶうまく、なったな。ローションや、泡の、使い方とか特に。」
ワルギリア「戦人が、毎日、させるからですよ。えい☆」
戦人「そこは…反則だろ…ひひ」
(;ー;)y「まさかこんな事になってるなんて…思わずキセルを落としてしまったぞ…」

 

91 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/30(火) 19:14:36 ID:iebuS2P2
>>88
なんか切ないな

 

92 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/30(火) 19:16:19 ID:DRuJzQOl
>>88
俺のなかで、戦人とワルギリアの株が大暴落w
ちくしょう!こうしてやるw
真理亞「うー、戦人はどうして裸?うー?」
戦人「へっへ、真理亞も一緒にはいるかぁ?」
熊沢「ほっほっほ」

 

94 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/30(火) 19:19:07 ID:5FLmAtqj
>>92
即「うぉぉぉおおおおおおおおおおお」が来る

 

111 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/09/30(火) 19:46:01 ID:HHc3qzhh
>>92
戦人「真里亞には特別に体にいい健康飲料、戦人汁を飲ませてやるぜ!」
真里亞「うー!体にいい!飲む!」
戦人「でも飲むにはコツがいるんだ。あと少し苦いぞ?我慢できるか?」
真里亞「うー!我慢する!健康のため!」
~20分後~
楼座「うおおおおおおオオオオオオォォォォ!何してるのよおおおオオオオオオォォォォォォ!」
戦人「ご、誤解だ、楼座叔母さん。ただ真里亞の体を洗ってあげようと…」
真里亞「うー!ママも戦人汁飲む!体にいい!」
楼座「……それ、どんな汁なの?」
真里亞「うー!白くて苦い!」
戦人「…ま、真里亞、ケ、ケフィアの話だよな?な?^^;」
楼座「うおおおおおおオオオオォォォォ!見せてやるよ!黄金の夢ってやつをおおおおオオオォォォ!」
ドーン
うみねこのなく頃に生き残れた戦人なし


part187
436 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/01(水) 01:19:17 ID:YnqHuteo
エヴァトリーチェ「なんかポップでキュートな服がほしいわ」
シエスタ45「了解です!大ベアトリーチェ卿」
シエスタ410「了解。…どうせ立ち絵は変わらないのにぇ~」
エヴァ「…なんか言ったかしら?」
シエスタ410「何も言ってないにぇ~」
シエスタ45「が、頑張っていい服を探します!」
エヴァ「いい?先代様みたいなババ臭いのは駄目よ。あくまでポップでキュートなのを探してくるのよ!」(ウィンクしている立ち絵)

 

―四時間後―
エヴァ「…私確か、ポップでキュートなのをと言ったわよね?」
シエスタ410「とっっってもポップで」
シエスタ45「キュートであります!」
エヴァ「これの、どこが、ポップで、キュートなのよ!ヘソ噛んで死んじゃいなさいよ!頭おかしいんじゃないの!?」
シエスタ45「お、お言葉ですが、大ベアトリーチェ卿。このガチャピンスーツがキュートなのは間違いありません。」
シエスタ410「ムックの着ぐるみだってポップだにぇ~。コレ着て表れたらみんな大絶賛だにぇ~」
エヴァ「………、本当に?」
シエスタ45「間違いありません!」
シエスタ410「最高にポップでキュートですにぇ~」
エヴァ「じゃあ……ちょっとだけ着て見るわ(ガチャピンの方を)」

 

~上位世界のお茶会~
(`ー´)y―┛~~「クックック、戦人、これをどう切り返す?」
戦人「糞!何か、何かあるはずだ!だがそれが浮かばねぇ!」
ワルギリア「そんな時はロノウェの入れてくれた紅茶でも飲んで落ち着いて。戦人」
戦人「ああ、悪いな…」
エヴァ「先代様~遊びに来ましたわ~どんな感じです?」
「ブー!」その緑色の怪獣を見た戦人が飲んでいた紅茶を盛大に吹き出しワルギリアの顔面にかかる。
(;`―´)y―┛~~「とうとう拾い食いでもしたのか…妾はいまだかつてないほどの衝撃を受けておる…」
ロノウェ「お嬢様、あれが21世紀型の無限の魔女でございます、ぷっくっく」
戦人「ゴホッゴホッ、ベ、ベアト。…こんな刺客送りこまれたら推理なんてできねぇよ!あのガチャピンなんとかしてくれw」
エヴァ「シエスタ姉妹!騙したのね!…みんなヘソ噛んで死んじゃえ;;」


part190
371 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/05(日) 19:08:25 ID:mX2UUa8r
再構築された雨の薔薇庭園に傘をさして一人たたずむ戦人。
後ろからワルギリアが近づく。
戦人「なぁワルギリア…いつまでこういう日が続くんだろうな…。」
ワルギリア「たぶん、謎を説いてあの子に勝つまでかと」
戦人「そうなったら…みんな忘れてしまうのか?ここでの事も。」
傘を落とし後ろから戦人を抱き締めるワルギリア
ワルギリア「分かりません…、でもそうなるかもしれません。」
戦人「もしそうなったら、今日のこの日の思い出だけでも再構築してくれ。ワルギリア。」
戦人も傘を落とし雨の中ワルギリアを抱き締める
ワルギリア「ええ、約束しますわ。……魔女には造作もない事…ですわ…」

 

~二ヶ月後~
縁寿「兄さんまたぼっ~として窓から外ばかり見てる。そんなに雨が珍しい?」
戦人「…何かを忘れてる気がするんだ。雨の日は特にそんな気がする。」
???「コーヒーのおかわりはいかがですか?」
戦人「ん?ああ、頼む。………っ!?」
振り返り絶句する戦人
縁寿「兄さんに紹介がまだだったわね。今日からうちで住み込みで働くワルギリアさんよ。何でも熊沢のお婆ちゃんの遠縁らしいわ。…って何で泣いてるの?兄さん。」
グシャグシャに泣きながら彼女に何かを言おうとするが言葉にならない戦人
その戦人の唇に人差し指をあて落ち着いた笑顔で
彼女は「魔女にはこれくらい造作もありません」と言った。
うみねこのなく頃に・ワルギリアルート完
と、言う夢を見た。


part193
22 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/09(木) 14:34:19 ID:fWzhyNel
プールサイドの白いテーブルに人影が二人。
戦人「ワルギリア、悪いな。急にプールを再構築してくれとか言いだしちまって。」
黒のビキニ姿のワルギリアがそれに答える。
ワルギリア「いいんですよ。たまには息抜きも必要でしょうし。」
その時、プールから白いビキニ姿のベアトリーチェが大声で呼び掛ける
(`ー´)y―┛~~「戦人ぁ~もう泳がないのか~?妾の不戦勝になるぞ~?」
戦人「…ったく、あいつ元気すぎだろ(苦笑)へへ、今行くから勝手に不戦勝とか抜かすなよ!
…ってわけでちょっくら行ってくるわ。」
ロノウェ「二人ともまだまだ子供ですね、マダム。」
ワルギリア「そうかもしれません。でも、こういったものは楽しんだもの勝ちですよ?」
一方、奥の浅いコースでは泳げないマモンのために縁寿が手を取って泳ぎの練習を手伝っていた。
縁寿「ほら、大丈夫。もう少しで25メートルよ。」
赤いビキニ姿の縁寿が手を引きながら言う。
マモン「ぜ、絶対に離さないでね!絶対よ!」
縁寿「はいはい。離さないからもう少しだけ頑張りましょ?」
マモン「うん!」

 

かくして時間は過ぎみんな泳ぎ疲れてプールサイドに上がってくる
(`ー´)y―┛~~「喉がカラカラじゃアイスティーをよこせ、ロノウェ。」
ロノウェ「はい、お嬢様。皆様も何か飲み物はいかがですか?沢山揃えておりますよ。」
戦人「あ、俺らはこれ一つでいい。」
縁寿「私たちも同じね。」
(`ー´)y―┛~~「一つのテーブルに二人座ってるのに飲み物は一つでいい?何を言っておるのだ?あいつらは。」
ベルゼブブ「ジュー、たぶ、アレ、ゴホ、ゴホ」
ルシファー「だから!あんたは!汚いから飲み食いしながら話すなってあれほど言ってるでしょうが!」
一つの飲み物を二人で特殊なストローで飲んでるワルギリアと戦人、縁寿とマモンをベアトリーチェは目撃する。
ワルギリア「なんだか照れくさいですね。」
戦人「た、たまにはいいだろ。記念っていうか雰囲気っていうかそういうの結構大事だろ。」
縁寿「マモン、また一緒に来て泳ぎましょうね。」
マモン「こ、今度こそ50メートルまで泳ぐんだから!」
(;ー;)y―┛~~「…妾もあっちの方がよかったぞ。」
ロノウェ「お嬢様、アイスティーのおかわりはいかがですか?お茶菓子もアイスクリームもお一人だと全部独り占めですよ。ぷっくっく」
(;ー;)y―┛~~「うるさい!いらぬわ!」


Part203

 

329 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 22:54:18 ID:2Tn5SqaM
ベアトは処女なのか非処女なのか魔女なのか


349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 23:25:04 ID:MwaCEx8k
>>329
(;`ー´)y―┛~~「わ、妾が処女なわけないであろう!1000年を生きて快楽の深奥まで知っておるわ!」
戦人「本当にそうか?復唱要求するぜ?」
ベアトリーチェの手を握り、顔をキスできるくらい近づけて真っすぐにベアトリーチェを見つめる戦人
(`ー´)y―┛~~「きょ、拒否する!り、理由は明かさない…。か、顔が近いぞ…戦人。」
戦人「復唱拒否か…。ならこうして確かめるしかないな。」
いきなりキスする戦人
(`ー´)y―┛~~「んん!……ぷはっ……な、何をする!わ、妾のファーストキスが……」
戦人「へへ、確認できたぜ、ベアト。その反応、お前は処女だ。」


351 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 23:27:34 ID:13QWesU2
>>349
ちょwwwベアトのファーストキスが!!

352 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 23:27:36 ID:2Tn5SqaM
>>349
かぁいい(´Д`;)


361 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 23:33:58 ID:13QWesU2
(;ー;)y―┛~~「舌を・・・っ!いきなり舌を入れられた・・・・・・・・もう駄目だ・・・・・・お師匠さま~!!」
ワルギリア「ほほっ・・・よしよし、最初は誰だってびっくりするものですからね・・・(なでなで)」


379 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 23:54:38 ID:13QWesU2
口元を指で触ってニヤニヤするベアト
ベアト「キス・・・か・・・、ウフフフフフフ・・・・・・・・・・・ウヒーーー・・・・☆」
マモン「どうしたの?ベアト様。今日はずっとニヤニヤしてますね」
ベアト「え、縁寿とマモン・・・・、な、なんでもないぞ。お前たち、どうしてここにいるのだ」
縁寿「別にぃ。なんか今日はベアトの様子がおかしいってみんなうわさしてるから見に来たのよ」
ベアト「な、何を言うのだ・・・?妾はいたって普通だぞ・・・(汗) ロノウェ!紅茶がのみたいぞ、喉がカラカラだ!」


381 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/10/25(土) 23:58:10 ID:MwaCEx8k
>>379
思い出してウヒーってwどんだけ嬉しかったんだwww


857 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/11/07(金) 16:45:06 ID:TyFS+44v
EP4序盤予想

ワルギリア「戦人、ベアトの幻惑によくぞ打ち勝ちましたね。貴方ならきっとここに帰ってくると私は信じてまし――――」
戦人「――――しいぜ(ボソッ)」
ワルギリア「えっ?」
戦人「白々しいって言ってんだよ! よくも今までオレを騙してくれやがったな! もうお前ら魔女の言うことは信じねえ!」
ワルギリア「違います、戦人! あれはベアトの作り出した幻想の世界で――――」
戦人「あああ駄目だ! 全然駄目だぜ! そうやってまたオレを罠にハメるつもりなんだろぉ!? ああぁもうたくさんだッ! オレの前から消えろ! もう顔も見たくねえ!」
ワルギリア「戦人……」
戦人「オレは本気で信じてたんだ……お前のこと……魔女の作り出した袋小路からオレを助け出してくれたワルギリアのことを……」
ワルギリア「……」
戦人「これからはお前の力は借りねえ! 人間の力だけでお前ら魔女を否定してやるんだッ! わかったらさっさと消えろッ……!」
ワルギリア「……………………」

858 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2008/11/07(金) 16:45:56 ID:TyFS+44v
ワルギリア「酷いです、戦人……(うるうる)」
戦人「も、もう騙されねえからな……」
ワルギリア「では、あの時の私も否定するのですか?」
戦人「なに?」
ワルギリア「私が貴方に協力したこと……」
戦人「そ、それはお前がオレを油断させるために……」
ワルギリア「ではあの夜のことは!? ベアトに内緒で再構築した部屋で貴方の背中を流したり膝枕した上で耳掃除したり
添い寝したりあまつさえ貴方の*****を私の****で**んだり私の****の*を**てあげたりしたことも、全て嘘だったと言うのですか!? 
ああそうなのですね戦人にとって私は単なる*****だったということなのですね! 私をもてあそんでいただけだと言うのですね!?」
戦人「ちょっ、お前――――!?」
ワルギリア「もういいです! 実は**で**だった戦人のことなんて知りません!」
戦人「うわああああああああああああごめんなさいごめんなさいもうやめてくださいゆるしてオレが悪かったですオレはこれからもワルギリアを信じます……!!!」
ワルギリア「ほっほっほ、それで良いのですよ、戦人(ニコッ)」
(;ー;)y―┛~~「「まさかお師匠様がそんなことをしていたなんて……」
ロノウェ「…ぷっくくくくくく。マダムフラグがより強固なものとなってしまったようですね?」


part312
60 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2009/02/14(土) 10:42:18 ID:aDDc77y5
(`ー´)y―┛~~「戦人もだいぶ髪が伸びたな。妾が切ってやろう。」
戦人「ZZZ」
椅子に座ったまま爆睡している戦人
(`ー´)y―┛~~「ふむ、本当によく眠っておる。起こさぬようにしなくてはな。ロノウェ準備を致せ。」
ロノウェ「ぷっくっく、戦人様が起きられたらショックを受けるような髪型にならなければよいのですが。」
(`ー´)y―┛~~「わ、妾はそこまで不器用ではないわ。いいからハサミをよこせ。」
準備が整い切りはじめるベアト
(`ー´)y―┛~~「ここはこうして…」
戦人「…うーん」
ベアトの胸が当たるたびに呻き声を漏らす戦人
シャンプーをする段になってさすがにおきてしまう
戦人「うわ、な、何やってんだよ!」
(`ー´)y―┛~~「これ、動くでない。まだシャンプーが終わっておらぬ。」
シャンプーの続きに入るベアト
戦人「うぐ(さっきからもろに胸があたってるんだよ…)」
(`ー´)y―┛~~「何か言ったか?ほら、顔も拭かぬと。」
タオルで戦人の顔を拭くベアト
その後、鏡を見て戦人がボソッっとつぶやく
戦人「……なかなかうまく切れてるじゃねーか。」
(`ー´)y―┛~~「ふふ、そうであろう。そうであろう。」
戦人「し、素人にしては、だ。こんな事で魔女とか認めないからな!」
(`ー´)y―┛~~「うむ、妾も簡単に認められるとは思っておらぬぞ。…戦人、頭をこっちに向けよ。」
戦人「次のゲームで絶対に正体明かしてやるからな!」
膝枕されて耳かきされながら凄む戦人
(`ー´)y―┛~~「それは楽しみじゃな。」
そんな昼下がりを幻視した。


part332
55 名前:名無しさん@お腹いっぱい。投稿日:2009/03/20(金) 11:27:08 ID:33bWUI0i
ベアトリーチェもいるし魔法もありました。
しかし悪食島の悪霊がやった事に便乗して、さも自分がやったかのように話してただけの園崎ブラフENDが何故か見えた。
(;`ー´)y―┛~~「すまぬ戦人、妾は本当はただ見てただけなのだ。」
戦人「はぁ?どういう事だ?」
(;`ー´)y―┛~~「黒幕っぽく振る舞えば構って貰えるかなぁ~なんて…。」
戦人「お前本当は何の魔女なんだよ?黄金とか無限とかじゃないだろ。」
(;`ー´)y―┛~~「……、の魔女と言われていた。」
戦人「よく聞こえないぞ。もう一度言えよ。」
(;`ー´)y―┛~~「甘えん坊の魔女と言われていた。」
戦人「そんな二つ名何をしたら言われるようになるんだよ…。」


お名前:
  • ベアト可愛いなあおいwww -- 2010-06-14 (月) 14:58:21

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照