このページをdel.icio.usに追加 このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ このページをYahoo!ブックマークに追加

コメント/考察投稿抜粋/作家としての十八とヤス

考察投稿抜粋/作家としての十八とヤス

  • ↓にしてる奴に不謹慎とか言われたくねえわー ヱリカの親族とかどんな気持ちなんだ -- 2013-06-03 (月) 20:44:15
  • ていうか六軒島に全く関係ない死人を勝手に悪人 -- 2013-06-03 (月) 20:43:33
  • どっからきたんだよこれ>偽書の内容は六軒島の事件だけであって幻想要素は無いんじゃないの -- 2013-03-14 (木) 16:24:19
  • 確かに創作風景を思い浮かべると気持ち悪くなるが、現実にも処女懐妊とか大真面目に説いてるキ××ト教とかあるよな・・そして現実にベアトリーチェが大人気なのを考えると少し怖くなった。 -- 2011-05-01 (日) 03:20:37
  • 戦人人格に乗っ取られるような感じがしてたらしいから、十八は悪意を持って幻想戦人を痛い人間に描いたとか…? -- 2011-04-30 (土) 01:38:13
  • 偽書の内容は六軒島の事件だけであって幻想要素は無いんじゃないの -- 2011-03-04 (金) 16:11:15
  • 全EPの筆者はヤスしろ十八にしろ、本格ミステリを書きながら、”六軒島は魔女の住む島。故に幻想描写は必然の挿入であり、○○がこんな魔法を使った幻想での結末”を書いた。だからこそ、猫箱が”無限に作れる”のでは? -- 2011-02-07 (月) 14:27:42
  • 既出かもしれんが。書いてみる。 -- 2011-02-07 (月) 14:20:14
  • ↓幾子は偽書を書かせる際に、実際の狙いは十八の記憶回復だけど、十八にはネットに出すためだとして理由付けしてたのかもね。 -- 2011-01-09 (日) 06:48:16
  • 偽書はEP7お茶会でベルンの見せたカケラみたいなもので、メタ世界、ここで言うなら観劇する縁寿やリオンは描写されていないんじゃないかな?そうやって考えれば偽書は「かっこいい戦人」というオナニーではなく、戻りつつある記憶を整理するための行為ともとれる。それをネットに流したのはどんな心理かは知らんがw -- 2011-01-09 (日) 05:22:18
  • EPを全て偽書の世界としていいのか?例としてはEP4の上位世界で、メタ縁寿が未来縁寿の精神がリンクしていると思ったけど、その縁寿の旅の過程まで偽書に書いてあったとは考えられない。偽書と各EPは異なっており、メタ世界は描写せず、せいぜい犯行に魔女を登場させた程度と考えるのが自然な気がする。 -- 2011-01-09 (日) 05:14:53
  • ↓↓↓記憶を取り戻す為の、幾子と十八の問答…と思ってる。もしくは、メタ世界ベアトとして赤字という「真実」を使う事で、幾子にとって都合のいいような記憶に改竄させている、とか。 -- 2011-01-06 (木) 23:44:19
  • ↓↓ゲーム盤の殺人内容は幾子の偽書で魔女の喫煙室での推理合戦は過去の記憶はあっても認識できない十八と思い出してほしい幾子のやり取り、その一部をメタ世界として偽書に盛り込んで発表し絵羽の猫箱に加えて縁寿の生きる糧として支援、うみねこの最上位世界はアウローラではなく実在の八城幾子と考えます。あれ?質問の答えになってないか? -- 2011-01-06 (木) 18:21:33
  • 十八バトラって脳障害に罹っていたよな? 厨二病云々はちょっと違う気がするんだが… -- 2011-01-06 (木) 16:48:24
  • 私にとっては未だにメタ世界と現実がリンクしない。えp2と3はメタでは続いているからそこがひっかかってしまう。皆さんはその辺どう考えている? -- 2011-01-05 (水) 10:31:20
  • 真里亞まで殺し云々っていってるが、実際絵羽と戦人以外死んでいるんだろ? そのあたりはちょっと言い過ぎな気がした -- 2011-01-05 (水) 08:21:18
  • 大枠の推理発表ではないけど、これも作品の要素から考えてる考察だ -- 2011-01-05 (水) 07:11:39
  • 愛がないのは考察じゃなく妄想じゃないのかな -- 2011-01-05 (水) 02:31:49
  • 愛がない視点の考察としてはありなんじゃないかな -- 2011-01-05 (水) 00:53:56
  • これは考察と言えるのか? -- 2011-01-05 (水) 00:46:04